いきものがかり、活動休止報告に「ショック」「まだ気持ちの整理が」「ずっと待ってます」様々な声飛び交う

2017.1.6 17:34

いきものがかり、活動休止報告に「ショック」「まだ気持ちの整理が」「ずっと待ってます」様々な声飛び交うサムネイル画像

5日「放牧宣言」と題して活動休止を宣言したいきものがかりに、ファンから様々な声が飛び交っている。

5日、いきものがかりのオフィシャルサイトでは「いきものがかり放牧宣言」と題し、「10年間、3人で一生懸命に頑張ってきたので、ここらで一度、メンバーそれぞれ、自由になってみようと思います。好きなことをやってみたり、新しいことをはじめてみたり、ぼーっとゆっくりしてみたり、行ってみたかったところへ旅に出てみたり。それぞれの未来を、もっと広げるために。3人の物語を、もっと長く、もっと楽しく、続けるために。いきものがかり放牧宣言。ここでひとまず『今まで、ありがとう。』そして『これからも、よろしく。』いきものがかりは3人が帰って来る場所です。またみなさん笑顔で、会いましょう!それでは行ってきます。放牧!」というメッセージが掲載された。

これは事実上の活動休止宣言であり、昨年10周年を迎え、ますますの人気を誇っていた同グループだけに世間に与えたインパクトは大きかったようだ。

この「放牧宣言」を受け、メンバーの水野良樹は同日、自身のTwitterにて「放牧となりました。メンバーそれぞれに新しい風に触れて、また成長したいと思います。ご心配おかけしてすみません。これからもいきものがかりの吉岡、山下、水野をよろしくお願いします。」と自らもメッセージを発信した。

これに対してファンからは「ずっとずっと待ってます」「ゆっくり放牧してきて下さい!いつまでも帰ってくるのを待ってます」「放牧宣言を見たとき、本当にショックでした。ゆっくり休んでください。そしてまたいきものがかりとして戻ってきてください。」「たまぁーにでいいので、近況報告頂けると嬉しいです。」「ファンはいつまでも待ってますよ」「私はまだ気持ちの整理がつきません。」と様々な声が飛び交っていた。

関連画像

関連記事