オリラジ藤森、ピコ太郎に対抗し、ある人への必死アプローチを暴露。「そこから毎日…」

2017.1.2 20:20

オリラジ藤森、ピコ太郎に対抗し、ある人への必死アプローチを暴露。「そこから毎日…」サムネイル画像

2016年12月31から2017年1月1日にかけて放送されたTBS系『CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ2016→2017』内で、オリエンタルラジオの藤森慎吾がある“努力”について明かした。

この日、同番組にRADIO FISHとして登場したオリエンタルラジオは「PERFECT HUMAN」をパフォーマンス。大きな歓声を浴びた。そして番組では「2017年の約束」を各アーティストが発表していたが、RADIO FISHはその“約束”を「今年こそジャスティン・ビーバーに(SNSで)イイねをもらう」と発表した。

RADIO FISHが出演したコーナーのMCがピコ太郎だったこともあり、昨年、Twitterでのフォロワー数が9000万を超えるアメリカの世界的人気アーティスト、ジャスティン・ビーバーにピコ太郎の「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」の動画が「お気に入りの動画だ」として紹介されたことからワールドワイドなブレイクに繋がったことを羨んでいる様子。

そして、ピコ太郎が「慎吾くんはずーっとアプローチしてるんですよね?」と話を振ると、中田は「ジャスティンに『いいね』もらったピコさんがバズったってことで、それにショックを受けた藤森くんが、そこから毎日!毎日、ジャスティン・ビーバーに『いいね』してます」と地道な努力を続けていることを暴露した。

藤森もこの暴露に「してんだけど、全然(ジャスティンからの『いいね』が)こないのよ。届かないのよ!」と嘆いていた。

この2組は、同番組に先立って放送された「第67回 NHK紅白歌合戦」でも共演を果たしており、同じ年にブレイクしたお笑い発のアーティストとして年末年始のテレビ番組を大いに盛り上げていきそうだ。

関連画像

関連記事