ヒロミ、嵐・松本潤からの“面倒くさい”誘いを暴露。「お前ナメてんのか?」

2017.1.1 20:20

12月29日深夜放送の日本テレビ系「日テレプッシュ 『ニノさんSP 日本ZOUGEN研究所前夜祭』」で、タレントのヒロミが嵐の松本潤からの飲みのお誘いを明かす場面があった。

番組では、12月30日放送の同局系「ニノさんSP 日本ZOUGEN研究所」で扱うさまざまな事柄の増減とその相関関係を探っていく内容に関連して、嵐の二宮和也ら出演者たちが今年1年の中で、自身には何が増えて何が減ったのかを考えていった。

二宮はこのテーマに「時間ができて、家のものが減ったかな?」と回答した。今年は個人の時間を意外と取れたため、洋服などを捨てるのに充てていたと語ると、ヒロミは「まだそうやって動くだけいいよ」とコメントし、二宮が10代の頃は家で夕方になるまでぼーっとしてるなど「ガンガン行くタイプじゃなかった」と明かした。さらに「まさか嵐になるとは思わなかったね」と、二宮の大きな変化に言及し、それを前向きに評価した。

またヒロミは「飲みにもそんなに全然出ないの?」と質問すると二宮が「出ない」と答える。ヒロミは「(松本)潤とか、結構飲んだりとかしてんじゃん」とメンバー間でのスタンスの違いを指摘すると、二宮も「確かに」と認めていた。

ここでヒロミは松本のことを「あいつから電話かかってきたりとか、飲み屋で会ったりとかすると、スゲーめんどくせえんだよね」と告白。ヒロミは松本とは生活リズムが異なるのだとして、自身が夜12時に寝ようとしているときなどに電話がかかってくるそうで「『行きましょう!』とか『どこ行きますか!』とか…『イヤ、もう寝てますけど』みたいな」と松本とは噛み合わないと明かし、スタジオの笑いを誘っていた。

そんな松本が「タクシー代出しますから!」と食い下がってくるのにはヒロミも「お前ナメてんのか?」と切り返したそうで、これに再度スタジオが沸くと、二宮も「迷ってんのそこじゃねーよ」と松本ではなくヒロミに同調する立場を取ったのだった。

これを見たTwitterユーザーは「松潤の真っ直ぐさ(笑)」「松本さんのしつこいエピソードがw」「ヒロミさんいわく松潤は めんどくさい笑」といった声を寄せている。

関連記事