SMAPのラストステージに、小室哲哉から五輪メダリスト、中国大使館まで感謝のコメント続々

2016.12.27 17:29

26日放送のフジテレビ系「SMAP×SMAP」で最後のパフォーマンスを披露したSMAPに、芸能界にいる著名人からもねぎらいのコメントが相次いでいる。

最終回を迎えた同番組では、過去の番組映像を交えながら、グループと番組の20年に及ぶ歴史を振り返った。番組の最後にはラストステージとして、メンバー5人による「世界に一つだけの花」のパフォーマンスが行われた。

音楽プロデューサーの小室哲哉は26日、自身のTwitterに「SMAPには、何曲、作詞作曲で提出したかなぁ〜。なかなか採用にならなかったけど アルバムの楽曲で5人に唄って もらったときは嬉しかったし、皆んなとそれぞれの思い出もあり 全てが音楽で繋がっていて。小さくても、関われた幸せ、、。ほんとうに、ありがとうございました。」と、感謝のメッセージをコメント。

ロックバンド・GLAYのTERUは27日、Twitterに「デビューしてから20年以上、TV番組などでSMAPの5人とは度々顔を合わせてはきましたが、まさかこんな日が来るとは思ってもみませんでした。今はただ、お疲れ様でしたと言うしかないですが、いつかまたFANの方達に5人揃った姿を見せてくれることをただただ願ってます。」と、メンバーへのねぎらいの言葉を投げかけている。

シンガーソングライターのMINMIは27日、「想い出がいっぱい」というタイトルでブログを更新。「昨日はスマスマの最後 改めて それに出演させて頂いた日のことsmapさんとの共演の時間思い出しました」と書き出し、「一生懸命繰り返し繰り返し…ブツブツ歌いかえし覚えて下さるsmapのメンバー 振りを何度も練習する木村さん 香取さん 気配りを下さる草なぎさん 稲垣さん いつもトークで 素敵な言葉を下さる中居さん 物凄く努力家で物凄く謙虚な皆さん これがスターの姿なんだと 思い知らされました」と、共演の思い出をつづっている。

リオ五輪・男子柔道金メダリストのベイカー茉秋選手は「人生で初めて買ったCDは世界に一つだけの花。SMAP×SMAPに出演できたことは一生の思い出です。SMAPありがとう。」とTwitterにコメントし、番組での共演を振り返っている。

中華人民共和国駐日本大使館の公式Twitterも26日に「ありがとう、SMAP」とコメントを投稿するなど、芸能界以外からもSMAPへのコメントが続々と発信されている。

関連記事