SMAPが常に歩み続けた“第一人者”としての道とは。新しいアイドル像を切り拓いた彼らの偉大なる足跡を辿る(1/2)

2016.12.27 12:25

26日、SMAPの冠番組、フジテレビ系「SMAP×SMAP」が最終回を迎えた。

年内での解散を発表している彼らは21日に9月21日から2週間行ったファン投票で集まった約200万票を集計した上位50曲を収録したベスト・アルバム「SMAP 25 YEARS」を発表、また出演が噂されていた大晦日の「第67回NHK紅白歌合戦」への出演辞退を発表したばかりだ。

活動の最終章を迎えたグループの偉大な足跡

SMAPはジャニーズの王道アイドルとして順風満帆な歩みをしてきたグループではなかった。現在でこそ嵐やTOKIOを始めとするグループがアイドルとしての活動と、俳優業などアイドルとしての枠を超えた活動を両立させて、女性ファンだけでなく、親子二世代や男性などから幅広い支持を集めるジャニーズのグループとしての一般的スタイルとなっている。

しかし、それはあくまで“SMAP以後”の話だ。“時代を象徴するアイドルグループ”として、現在も強烈な輝きを放つ記憶に残るアイドル・光GENJIでさえもその活動期間は7年、全盛期はそれよりも短い。

SMAPがデビューした1991年はシングル売り上げ枚数TOP3に名前を連ねているのが小田和正、CHAGE&ASKA、KANという国内アーティスト全盛期。裏返せば“光GENJI以後”のアイドル氷河期時代に「Can’t Stop!! -LOVING-」でデビューしたSMAPは、ジャニーズとしては当たり前と言われていた「デビュー曲オリコン週間チャート初登場1位」を獲得できなかった数少ないグループとして芸能活動をスタートさせたことになる。

「バラエティ番組」「個人での活動」等、新しい方向性へと舵を切ったアイドルグループ

そんな状況からか、SMAPはデビューから半年後に大きな舵を切る。フジテレビ系のバラエティ番組「夢がMORI MORI」にレギュラー出演を果たすようになった。同番組で彼らがやったことは当時のアイドルのイメージを根底から覆す、コントのようなお笑い芸人たちが担当する活動だった。今でこそアイドルが体を張る光景は当たり前だが、当時のアイドルとしては革新的であった。このギャンブルは見事にハマり、SMAPは新たなファン層を獲得し、知名度を上げていく。

これを契機に、中居正広は香取慎吾、草なぎ剛と「SMAPのバラエティ班」を自認した活動でバラエティ番組への露出を増やしていき、その一方で木村拓哉、稲垣吾郎は「SMAPのドラマ班」としてフジテレビ系の人気ドラマ枠「月9」出演を果たす。また木村はTBS系で深夜に放送されていたトーク番組「カミングOUT!」でアイドルでなく、世代を代表するひとりの男性としての言葉を発信していくなど、メンバーは個人・グループ両方の知名度をそれぞれ獲得していった。

1 2

関連記事