TOKIO・城島茂が職業欄に書き込む職業に反響さまざま。「笑ってしまった」「忘れてたごめんなさい」

2016.12.26 21:29

25日放送の日本テレビ系「行列のできる法律相談所」で、TOKIOの城島茂が自身の職業についてアピールする場面があった。

2時間生放送で「クリスマスの夜に大ザンゲSP」と題し、出演者たちが今年懺悔したいことについてトークを展開した同番組。城島は同日同じく生放送で行った「ザ!鉄腕!DASH!!」の収録を終えてから参加したようで、MCの東野幸治も同番組での活躍ぶりを褒めたたえていた。

東野から「職業欄は今なんて書いてるんですか?」と質問されると、城島は「『バリバリアイドル』って」と答えると、スタジオからは笑いが起こる。

その後、農業新聞のインタビューに答えていたり、番組で裸になるなどの行動が「アイドルなのにアイドルらしくない」と懺悔した城島。罰として、サイエンスプロデューサー・でんじろう先生特製の「静電気ビリビリジュース」を飲むことになったが、城島は電気が走った瞬間に後ろにのけぞり倒れてしまっていた。

ここでも一緒にジュースを飲んだお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建は控えめのリアクションだったことを引き合いに、東野は「リアクションが全然違う!」と、城島のお笑い芸人も凌駕するリアクションを称賛した。

番組を観ていた視聴者はTwitterで「現在の職業を聞かれて『アイドル』って答えてて少し笑ってしまった」「バリバリアイドルwそうだよねw忘れてたごめんなさいw」「「芸人なみのリアクションする城島リーダーを後輩たちはもっと尊敬すべきだよ!ジャニーズ事務所であんなことできる人いないよ!」「城島リーダー、いいリアクションだなwww」と、城島の身体を張った姿に好意的反響を寄せていた。

関連記事