詐欺、仲間割れ、貧困…。現役・元アイドルたちが明かす業界の裏側に「大変だな」「ヒドイ話」と同情の声多数

2016.12.22 21:00

詐欺、仲間割れ、貧困…。現役・元アイドルたちが明かす業界の裏側に「大変だな」「ヒドイ話」と同情の声多数サムネイル画像

バクステ外神田一丁目

21日深夜放送のフジテレビ系「聞いてた話と違います!」で、アイドルたちが業界の裏話を告白し、ネットでは同情の声が挙がっている。

現役アイドルや元アイドルたちが集まり「聞いてた話と違う」アイドル業界についてトークを繰り広げた同番組。「お金がなく小麦粉を水で溶いたものを焼いて食べていた」や「かわいい衣装を着させてくれるはずだったのに、結局解散までTシャツ姿で活動した」などのトークで盛り上がる中、アイドルグループ・仮面女子の森カノンは以前所属していたというグループについて話し始める。

「前に『メジャーデビューをさせてあげるよ』って言われて、150万(円)必要だって言われたんですよ」と話す森は、当時のメンバーが10万円ずつ出し合ってそのお金を払ったが、結果として騙されてしまったことがあると明かした。10万円をねん出できなかった森は、衣装ももらえずライブに出演することもできなかったという。

80名以上所属するアイドルグループ・バクステ外神田一丁目の宮野ねりは、他のメンバーが「宮野が私の悪口を言っている」とファンに言い回って、ファンから誤解を受けてしまった経験があると話す。他にも宮野は「目を合わせる振り付けなのに目を合わせてもらえない」や、「メンバー同士のグループLINEから勝手に退会させられていた」など、メンバー同士の潰し合いについて激白した。

番組を観ていた視聴者からはTwitterで「ヒドイ話だな…」「アイドルって大変だな」「すごい面白い……アイドルあるある」と、苦労してきたアイドル達への同情の声などが寄せられていた。

関連画像

関連記事