SMAP中居正広、ピース綾部のアメリカ留学に待った?「日本に残ってなさい」ネットからも「綾部大丈夫か」

2016.12.22 17:46

21日放送の日本テレビ系「ナカイの窓」で、MCの中居正広がお笑いコンビ・ピースの綾部祐二の海外行きに苦言を呈する場面があった。

番組は「外国人SP」として、アメリカ、ブラジル、スイス、カメルーン、中国、韓国、マレーシア出身のゲストが集結して、それぞれのお国事情や、日本との違いに関するトークを繰り広げた。

番組冒頭、中居は「綾部さん、駅前留学まだですか?」と、英会話スクールのキャッチコピーを使って綾部をイジる。綾部は「そんなに軽い感じでちょこっといかないです」とツッコミを入れた。中居が「いつ行くんだよ?」と尋ねると、綾部は来年の4月くらいにはニューヨークに行くと答え、「中居さん、これね、早く発表し過ぎちゃったんですよ」と、早すぎた発表であったことを嘆いていた。

また、今回の番組の内容は綾部に「いいタイミング」だと中居が言うと、綾部は「勉強させて頂きます」と意気込んだ。

ゲストたちが登場し、アメリカ出身の芸人・パックンは紹介を受けると「HI, Everybody Make America Great Again(どうも皆さん アメリカを再び偉大に!)」と英語で挨拶。中居が綾部に「なんつったの?」と聞くと、綾部は「『よろしくね、パックンだよ』ってことですよね?」と適当な回答。

中居が「会話して!会話してみて」と促したため、綾部、パックンの英会話がスタート。パックンは次々と英語で話しかけるが、綾部は「yeah yeah yeah yeah」と答えるばかりで、パックンから「意味わからない」とツッコミを受けてしまう。

全く英語ができない綾部に、中居は机を叩きながら「お前もう春、日本に残っときなさい」と忠告したが、綾部は拒否する。中居が「挨拶もできないの?」と聞くと、綾部は「全然わかんないんですよ」と答え、スタジオはどよめいた。

その後、パックンが芸人を目指す理由を聞かれたときに、本当はハリウッドスターになるつもりだったと明かすと、綾部は「一緒じゃないですか」とパックンと握手を交わす。綾部は「Together! Together!」と繰り返したが、パックンは「そのときの『一緒』は『Together』じゃないですよ。『The Same』です」と冷静に指摘されてしまっていた。

番組を観ていたTwitterユーザーからは「綾部大丈夫か」「綾部さん…(笑)」「わいは綾部を応援するぞ〜まずは英語を頑張れ」と、綾部を心配、激励する声が挙がっている。

関連記事