「逃げ恥」の完成度を大絶賛!テリー伊藤の星野源へのコメントが「心にくる」と話題

2016.12.20 17:31

「逃げ恥」の完成度を大絶賛!テリー伊藤の星野源へのコメントが「心にくる」と話題サムネイル画像

(c)TBS

20日、新垣結衣と、星野源が共演するTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が最終回を迎えることから、共演の2人がTBSを“電波ジャック”している。

 

2人は「あさチャン!」「白熱ライブビビット」「ひるおび!」「ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜」「Nスタ」の5番組に出演し、ドラマ撮影の裏話などを行った。

「あさチャン!」では、新垣と星野による「恋ダンス」の生レッスンを行い、直々にダンスを踊る際のポイントなどを解説した。番組後半では2人は出演者らと共に実際にダンスを披露し、踊り終えるとダンスの成功にハイタッチをし合って喜ぶ姿が放映された。

「白熱ライブ ビビット」では、“逃げ恥オタク”を自負する井上貴博アナウンサーが逃げ恥のヒットを分析し、解説を行った。「逃げ恥はドラマじゃないんです。今の日本を知るための教材なんです」と、熱く解説する井上アナの姿にスタジオからはときおり笑い声も上がっていた。井上アナが星野のことを、劇中の役名である「津崎平匡」と呼ぶと、星野は「現実とドラマを混同されている……」と、圧倒されているようだった。

コメンテーターのテリー伊藤も星野を高く評価しているようで、「星野さんの役を誰がやれるのかってずっと考えてたんですよ。誰もいないんですよ、日本の役者さんの中で!」と、星野の演技を大絶賛していた。

放送を観た視聴者からは「井上アナ熱すぎるー」「井上アナと何時間でも語りたい!」と、井上アナの“逃げ恥愛”に対する反響や、「テリーさんが言ってくれた平匡さんの役は日本中探しても星野さんしかいない。この言葉源さん嬉しかっただろうな。」「テリーさんの言葉がとてもよくて、心にくるものを感じた」と、テリーの発言に対する反響など、さまざまな意見が寄せられていた。

今夜10時放送「逃げるは恥だが役に立つ」の最終話は、15分拡大バージョンで放映。森山みくり(新垣)に正式にプロポーズを申し出た平匡(星野)だったが、プロポーズに納得の行かないみくりに断られてしまう。2人の関係はどうなるのか…?契約結婚という間柄から始まった2人の関係の行方に注目が集まる。

写真:(c)TBS

関連画像

関連記事