「逃げ恥」OPテーマ歌うアーティスト「こんなにも悲しいことってありますか」。“逃げ恥愛”強すぎて最終回前に勝手に振り返る特番配信決定

2016.12.19 19:31

「逃げ恥」OPテーマ歌うアーティスト「こんなにも悲しいことってありますか」。“逃げ恥愛”強すぎて最終回前に勝手に振り返る特番配信決定サムネイル画像

ミュージシャンとしてオープニング曲を担当したTBS系火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』だったが、あまりにも熱狂的に没頭。毎週の放送時間には無数の実況ツイートで周囲を困惑させてきたチャラン・ポ・ランタンのヴォーカルもも。

『逃げ恥』第10話放送時のあまりに傍若無人な実況により、遂にチャラン・ポ・ランタンのふたりしかフォローしていなかったマネージャーアカウントにフォローを外され、それがニュースとして取り上げられるなど、いちミュージシャンの枠を越え、ただの逃げ恥オタと化しているもも。

そんなももの発案で19日20:30より特番『チャラン・ポ・ランタンの勝手に特番 ~ありがとう、さようなら「逃げ恥」~』を生放送することになった。

特番と銘打っているが、これはTBSから依頼された訳でもなく、出演者が登場する訳でもない。ももの真っすぐ、熱すぎるすぎる“逃げ恥愛”から急遽実施されることとなった、かなり個人的な番組。とはいえ、お仕事として逃げ恥のオープニングを担当するミュージシャンとして、関連楽曲の生歌唱、10話を振り返るコーナー、そして逃げ恥の関係者への生質問など、逃げ恥ロスに怯えるファンたちと楽しめるコーナーを予定しているという。

また、番組の終盤では逃げ恥ファンにはどうでもいいかもしれない、個人的なニュースも予定されているらしいのでお見逃しなく。

チャラン・ポ・ランタン小春コメント
「え?わたしも出るの?逃げ恥のことしゃべってる時のあいつ、うるさくて正直なところ関わりたくないし妹1人でやる特番と思い込んでたんだけど…。」

チャラン・ポ・ランタンももコメント
「私たちの「逃げ恥」が明日、終わってしまいます。新しいドラマが始まって、終わる。当たり前のことなはずなのに、こんなにも悲しいことってありますか。毎週毎週、“火曜日の夜10時”をテレビの前で迎えることが日々の活力になっていました。そして火曜日が終わると、『ああ、今週も終わったな』と遠い目で一週間を振り返る、そんな日々を2ヶ月とちょっと、過ごしてきました。そして、そんな日常も明日で終わってしまう。でも、ドラマが終わっても、平匡さんとみくりの物語はこれからも永遠に続いてゆくのでしょう。トービーコンティニュード!逃げ恥最終回前夜、皆さま一緒に盛り上がりましょう!!!」

関連画像

関連記事

関連リンク