河西智美新境地を開拓!プレミアムライブでAKBカバーを披露

2014.3.18 19:43

河西智美新境地を開拓!プレミアムライブでAKBカバーを披露サムネイル画像

河西智美が、3月15日、3rdシングル「キエタイクライ」の購入者を対象としたプレミアムライブを東京・原宿アストロホールにて開催した。

今回のライブは、1月15日にリリースした3rdシングル「キエタイクライ」の購入者の中から抽選で選ばれた計800名(2回の公演で、それぞれ400名)が集まり、会場は熱気が立ち込めていた。

1回目の公演では、ライブ開始を告げるSEが鳴り、会場のボルテージを上げると、セクシーな衣装を身に纏った河西智美が登場。会場は、早くも興奮の絶頂に達し、ライブがスタート。1曲目は、アイドルからアーティストへ進化をしていく河西智美を象徴する楽曲、「Blue…」。続いて、「Lovely days」「キエタイクライ」と、3rdシングルに収録された楽曲を続けて披露する。MCを挟んだ後、河西は、「ここで、いつもの企画をやっちゃいます」とアナウンスし、ソロライブでは恒例となっているカヴァー曲の披露となった。

まずは、AKB48時代からの盟友、板野友美の「Stay by my side」をしっとりと、甘く伸びやかな声で歌い上げる。観客も歌声に引き込まれ、会場は一体化していく。続いては、今月、AKB48を卒業する同期、大島優子のソロ曲「泣きながら微笑んで」を歌唱。まさに大島優子へ捧げるかのように感情豊かに歌い上げる姿に涙を流すファンも見られた。その後は一転し、アップテンポな楽曲「Touch Me!」で、再度会場のボルテージを上げていく。そして、2ndシングル「Mine」を熱唱し、本編は終了した。

しかし、興奮冷めやらぬファンからは、ライブ終演の淋しさを紛らわすかのように「とも~みちゃん」コールが巻き起こる。そこに、ヘアスタイルを変化させた河西がサイリウムを手にして再登場。「ソロライブでもやってみたかった」ということで、ファンと一緒に曲調に合わせ、サイリウムを振り上げ、「Illumination」をアンコール曲に1回目の公演は終了した。

イベントは終えた河西は「今回で3回目のプレミアムライブということで、いつもとは違うことをしたかったので、あえてAKB48のメンバーの曲をカバーしてみました。今後もファンの皆様の前で色々なことに挑戦していき、変化を見せていきたい。これからも頑張ります!」とコメント。

アイドルからアーティストへ進化を続ける河西智美の活躍に要注目だ。

関連画像