「可愛いの前では服従」!「逃げ恥」新垣結衣演じるみくりの“名言”に「それな!」「よく言った」と絶賛の嵐

2016.12.14 18:05

「可愛いの前では服従」!「逃げ恥」新垣結衣演じるみくりの“名言”に「それな!」「よく言った」と絶賛の嵐サムネイル画像

昨日放送された新垣結衣主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。この日の放送では、ラストのシーンでみくりが発した「愛情の搾取」という言葉が大きな波紋を呼んでいる。しかし、女性たちが共感したのは、その台詞だけではなかったようだ。

もう一つ大きな共感を集めた台詞。それは、みくりが、星野源演じる平匡を後ろから急に抱きしめた際の会話の中で出てきた言葉だ。みくりが「平匡さんが可愛くて可愛くて」と話すと、平匡は「男で可愛いというのは…」とちょっとした反発を見せる。

みくりはそんな平匡に対して「可愛いは最強なんです」と突然語り出し「カッコいいの場合、カッコ悪いところを見ると幻滅するかもしれない。でも、可愛いの場合は、何をしても可愛い!可愛いの前では服従。全面降伏なんですっ」と熱弁をふるうシーンがあった。

このシーンを見ていた視聴者、特に女性から大きな反応があり、Twitterでは「本当にそれな!!!!!!!!!!」「みくりさんよく言った。」「みくりの可愛いは最強論すごい共感」「すっっっごく共感しました素晴らしい」「とてつもなく共感した」「可愛いは最強にみんな共感しすぎでやばいww」「みくりさん名言です」と共感の声が相次いだ。

また、男性に対して「可愛い」という表現を用いることに対して、このシーンでの平匡のような気持ちを持つ人が少なくないことから、「ガッキーに可愛いは最強と言わしめる野木さん(同ドラマの脚本家)サイコーだなあ」「ガッキーが言ったことによって急に市民権得た感ある」と、人気のドラマでこの気持ちを新垣が口にしたことに対して喜ぶ声が上がっていた。

写真:(c)TBS

関連画像

関連記事