MADOKA(たんこぶちん)主演映画「ニドナツ」の劇中歌、早くも発売決定!たんこぶちんの真骨頂ロックサウンドが恋するあなたへ打ち上げられる!

2016.12.14 14:00

MADOKA(たんこぶちん)主演映画「ニドナツ」の劇中歌、早くも発売決定!たんこぶちんの真骨頂ロックサウンドが恋するあなたへ打ち上げられる!サムネイル画像

ガールズバンドの筆頭格として、フェスやサーキットイベントなどを通じて、その熱いライブパフォーマンスが話題の“たんこぶちん”。去年から今年にかけては、それぞれソロ活動をスタートさせ、他のガールズバンドのライブをサポートするなど、演奏スキルの高さを認められつつある。最近ではテレビ朝日系で放送中の音楽番組「musicるTV」でも注目されている音楽イベント「オンナウタヂカラ」にも出演するなど、益々注目度がアップ。

“たんこぶちん”は佐賀県唐津市出身で小学校6年生の時にバンド結成しており、若干20歳にして2017年2月に結成10年となる。来年は新たなチャレンジとしてボーカルのMADOKAが「吉田円佳」名義で、2017年秋劇場公開予定「二度めの夏、二度と会えない君」のヒロイン「森山燐」役として大抜擢されることが決定している。同作は、不治の病を患う転校生・森山燐と彼女に恋心を抱く男子高校生の関係を描いた青春ラブストーリー。人生の最後に夢だったバンド活動に身を捧げ、初めて体験する青春を胸いっぱいに謳歌する役どころ。そして映画に使用される楽曲全てを、たんこぶちんが担当するという新境地へ。

今回発売されるシングル『遠距離恋愛爆撃ミサイル』は、映画の劇中歌として流れる楽曲。バージョン違いやカラオケなどを含む全8曲入りだ。「遠距離恋愛爆撃ミサイル」は映画の重要なシーンで使用され、燐と主人公・智が始めて音合わせをしバンド活動へのきっかけとなった楽曲。歌詞の中で繰り返し出てくるキャッチフレーズ「Kaboom!」は、アメコミなどでも良く見かける「ドカーン!」の意味。今回TYPE-A/B/Cの3パターンを発売するが、TYPE-Aのジャケ写には映画化の期待度を上げる人気原作本のイラストが起用されるのでそちらもお楽しみに。

TYPE-BとTYPE-Cには特典映像として、“たんこぶちん”の一番の魅力であるパワフルな演奏力とエンタテイメント性を打ち出したワンマンライブが堪能できるDVDが入る。TYPE-Bには2016年3月にSHIBUYA CLUB QUATTROで行われた10代最後のライブ、そしてTYPE-Cは2016年9月にTSUTAYA O-WESTで行われた20代最初のそれぞれ節目となるライブ映像が収録される。

現役女子高生バンドとデビューしてから3年。少女の初々しさが残っていた彼女たちも今やアーティストとして立派に成長を遂げている。デビュー当時はステージングまで考える余裕の無かった彼女たちが、今や会場を盛り上げるのはお手のもの。声や身振り、手振りで会場を一つにまとめてあげていく。また、可愛らしい容姿と裏腹に力強く繰り広げられる演奏も魅力の一つだ。

そんな演奏とはアンマッチとも思えるボーカルMADOKAの歌声だが、一度聴いたらやみつきになる気持ちよさがある。激しい楽曲でも優しく響くバラードでも歌の本質に寄り添い、心から歌おうという気持ちがにじみ出ているのだろう。その一生懸命さに心打たれるものがあるのかもしれない。なおTYPE-BとTYPE-Cの特典映像には映画出演及び音楽を担当するきっかけとなった曲「花火」の映像も収録される。

20代の新たな決意と深まる絆、そして未来への飛躍を予感させ、進化し続けるガールズバンド“たんこぶちん”が新たな一歩を踏み出すシングルだ。

たんこぶちんオフィシャルモバイルファンクラブ「たんこぶちゃん」では12/25(日)からニューシングルの最速先行試聴がスタート。また、たんこぶちんにとって2度目となるファンクラブイベントの開催も決定。初のファンクラブイベントのチケットは販売開始即SOLD OUT。2回目のファンクラブイベントも、ライブあり、ゲームありの、とてもスペシャルなイベントになるとのこと。ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

関連画像

関連リンク