SCANDAL、一日限定公開された新曲「Departure」が話題に

2014.3.13 14:22

SCANDAL、一日限定公開された新曲「Departure」が話題にサムネイル画像

今年6月、プリンセスプリンセス以来ガールズバンド史上2組目の快挙となる横浜アリーナ2days公演が話題沸騰中の4人組ガールズバンドSCANDAL。

そんな彼女たちは2008年3月3日にはインディーズデビューを果たし、2013年3月3日には夢だった大阪・大阪城ホールでのライブを大成功させた。そんな思い出の日3月3日に、一日限定でファンのために突如公開された新曲「Departure」が話題となっている。

出会いや別れの季節をテーマにした新曲「Departure」。「3月3日、私達の大事な日に、新しい『春の歌』をお届けします」というメッセージとともに、SCANDALオフィシャルyoutubeチャンネルにスタジオライブの模様が公開されると、Twitterの「HOTワードランキング」にも「SCANDAL」がランクインしTwitterやネット動画上では投稿がやまない状態となった。

公開終了後の現在も再アップや音源CD化の要望が後を絶たず、いち早くこの楽曲を放送していたUSEN放送にはリクエストや問い合わせが殺到し、3月12日(水)付け週間USEN HIT J-POPランキング1位を獲得した。

「Departure」はストリングスの音色が切なさを誘うミディアムチューンで、桜が咲き始めるこの時期に、一歩ずつはかなくも強く前に向かって進んでいく姿を歌っている。また、MAMI(G, Vo)が作詞曲を、亀田誠治が編曲とプロデュースを担当しており音楽面でも話題の作品だ。

関連画像