2929匹+5匹のオオカミが渋谷に氾濫!?

2014.3.12 18:55

2929匹+5匹のオオカミが渋谷に氾濫!?サムネイル画像

3月12日(水)にリリースされたMAN WITH A MISSIONの待望のニューアルバム『Tales of Purefly』の発売を記念し、代々木公園と渋谷の街中でスペシャルフリーイベントが開催され、平日の昼間にも関わらず2929人のファンが集結、アンコールを含む7曲が披露され、大盛況となった。

今回のイベントは、3つの“MISSION”をクリアしたファンが、最終的に代々木公園でのフリーライブチケットとオリジナルステッカーをゲット出来るというもの。

1つ目のMISSIONは、代々木公園にて配布される、“6匹目の狼になれるヤーツ”と名付けられた狼のお面をゲットし、当日は、6匹目のオオカミになることとあって、会場には、早朝から配布開始を待つ多くの人が集まった。お面をゲットした後の2つのMISSIONは渋谷の街中での写真撮影となっており、オオカミのお面をかぶった人々が溢れ返る光景に、渋谷の街は騒然となった。

見事3つのMISSIONをクリアした2929人のファンがライブ会場である代々木公園野外ステージに到着し、今か今かと開始を待つ中、遂にライブがスタート。

1曲目から「Emotions」で一気に会場を盛り上げ、アルバム収録曲である「higher」「evils fall」などアッパーチューンで一気に観客を盛り上げた5匹。客席は、オオカミのお面を装着した観客が溢れ返るという異様な光景が見られた。開催が平日の昼間とあって、Gt/VoのJean-Ken Johnnyが「ホント、コンナド平日ニ来テクレテアリガトネ。仕事大丈夫?」と、持ち前のユーモアで観客を気遣う場面も。

「何ニモカモツメコンダアルバムニナッテイマス。今日ノライブモデスガ、コレカラツアーニ出テ、全国各地デ皆様トオ会イデキルノヲ楽シミニシテイマス!コノアルバムガ皆サンノ心ニ届クヨウニ願ッテマス。」と語ったJean-Ken Johnny。

アルバムリリース後の彼らの動向にも注目が集まること間違いなしだ。

関連画像