アンジェラ・アキ、ついに素顔を大公開

2014.2.27 16:18

アンジェラ・アキ、ついに素顔を大公開サムネイル画像

日本での音楽活動を2014年8月4日の日本武道館公演を最後に、無期限停止とする発表しているアンジェラ・アキが、3月5日発売の初のベスト盤「TAPESTRY OF SONGS -THE BEST OF ANGELA AKI」の初回限生産定盤のジャケットで、トレードマークのメガネを外していることが明らかになった。

初回生産限定盤のジャケットは、透明スリーブ仕様になっており、メガネのみがイラストで描かれている。その透明スリーブを外すと、メガネを外した素顔のアンジェラが現れるという仕組み。また、初回生産限定盤ではジャケットの他にも、パッケージの中で他に2点のメガネを外した写真を使用。通常盤でもブックレット内でメガネを外した写真を1点使用している。

今回、活動10周年で初となるベストアルバムでメガネを外すことに関して、アンジェラは次のようにコメントした。

【アンジェラ本人コメント】
身を削って曲を作るシンガーソングライターは、時に赤裸々で無防備な状態の自分をさらけ出す事があります。
そんな私にとってメガネはオンとオフを分けてくれ、自分を守ってくれる盾みたいなものでした。
この秋、日本での活動を無期限に停止するにあたって、盾になってくれたメガネを外すのは象徴的な事です。
今までの集大成であり、新たな夢への出発地点でもあるベストアルバム。
初心に返りリセットの意味も込めてメガネを外す決心をしました。

関連画像