Naz「Bluebell」がマーダーミステリードラマ「アオイウソ~告白の放課後~」主題歌に決定

2021.1.13 16:00

沖縄在住20歳の女性アーティストNaz(読み:ナヅ)の楽曲「Bluebell」が、 TOKYO MXにて1月12日(火)23時半より第1話が放送されるマーダーミステリードラマ「アオイウソ~告白の放課後~」の主題歌として流れた。

13歳の時に沖縄で開催された世界的オーディション番組「X FACTOR OKINAWA JAPAN」に出場。その歌唱力で審査員たちから絶賛された彼女。その後音楽活動の幅を広げ、高校時代には冨田ラボやNabowaの作品にゲストボーカルとして参加。さらにApple Musicの「今週のNew Artist」や、全国ラジオ局のパワーブレイを多数獲得するなど話題を呼んだ。

その後イギリスへの留学を経て、2020年10月21日に発売した2nd EP『YUQCY』から、初の日本語詞となる、川村結花が作詞、江崎文武(WONK, millennium parade)が作曲・プロデュースを担当した「Bluebell」が、初めてドラマ主題歌として起用されることになった。

『YUQCY』とは彼女の住む沖縄の言葉で「嘘」を意味し、楽曲のタイトルも「Bluebell」と青を含んでおり、ドラマのタイトル「アオイウソ~告白の放課後~」と奇遇にもリンクしたものになっている。

【Nazコメント】

私の曲が主題歌として選ばれた事を、とても嬉しく思います。
この曲は「変わらぬ心」という花言葉を持つ花ブルーベルから取って名付けた曲です。どんなに遠くへ行っても、嫌な記憶や自分からは逃げることができないのだと思い知らされた時、絶望を感じました。でもその真実は、私を前へ押してくれる、心強い存在となりました。
「アオイウソ~告白の放課後~」の登場人物、それぞれのウソがどんな真相を包んでいるのか、とても惹きつけられます。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100