木山裕策、ニューアルバム「ホーム&ライヴズ」発売

2021.1.8 16:30
木山裕策、ニューアルバム「ホーム&ライヴズ」発売サムネイル画像
木山裕策「ホーム&ライヴズ Home & Lives」

歌手・木山裕策がニューアルバム「ホーム&ライヴズ Home & Lives」を2021年3月10日(水)にリリースすることが決定した。

ちなみにlivesは、lifeの複数形。家族・命・人生をテーマにしたアルバムとなっている。昨年2020年6月に発売された「ラブ&メモリーズ」から続く、第2弾のカバーアルバムとなっている。

木山裕策は2004年に甲状腺の腫瘍摘出手術の影響で声が出なくなるかも、という絶望感のなか、諦めていた歌手の道を再度めざしてオーディション番組「歌スタ!!」に出演した。4人の子どもと妻が見守る中、最終リベンジして合格。

その後、2008年2月に『home』でメジャーデビューを図り、オリコン最高位7位を記録。紆余曲折を経て2019年12月から独立。そして2020年6月からキングレコードに移籍し精力的に音楽活動を行っている。

『home』でメジャーデビューしてから約13年の時を超え、今作では、以前より親交の深かったアコースティック・インストゥルメンタル・ユニットTSUKEMEN(ツケメン)が参加し、新たにセルフカバーしたクラシカルアレンジの令和版『home』が収録される。

長年、愛され続けてきた木山の代表曲『home』は、昨年のコロナ禍のSTAY HOME中に61日間連続でライブ配信を行い、歌い続け、たくさんの人々に勇気を与えた。2021年を迎え、コロナ禍の厳しい状況が続く今こそ、命の尊さ、人生、家族の愛を知る木山だから歌える新たな『home』をぜひ聴いてみてはいかがだろう。

その他、コーラスグループBe Choir(ビー・クワイア)とのコラボレーションによる『聖なる人』は、作詞:売野雅勇、作曲:鈴木キサブローという超一流作家陣が書き下ろしたBe Choirが東日本大震災の翌年に発表した“震災で傷ついたすべての日本人が一歩前に踏み出すためにそっと背中を押す”オリジナルのエールソングで、感銘を受けた木山が震災から10年となる2021年に歌いたいとコラボが実現。また、木山自身で作詞作曲を行ったオリジナル曲『WELCOME HOME』、『生きて』も収録。等身大の木山の想いを曲にし、歌い上げている。

そしてチューリップの『青春の影』、今井美樹の『PIECE OF MY WISH』、GReeeeNの『星影のエール』、尾崎豊の『僕が僕であるために』、さだまさしの『いのちの理由』など時代を彩った様々な名曲のカバーも収録されている。

人生山アリ谷アリだったからこそ人々の心に寄り添えられる「歌」を、木山の落ち着いた歌声で今の日本に癒しとともに届けてくれるニューアルバムとなっている。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254