北村匠海、役作りでの10キロの減量を明かす「イライラすることもあったんですけど…」

2021.1.4 17:30
北村匠海、役作りでの10キロの減量を明かす「イライラすることもあったんですけど…」サムネイル画像
北村匠海/(c)E-TALENTBANK

1月3日深夜、テレビ朝日系『アベマの時間』に北村匠海が出演した。

【別の記事】北村匠海、浜辺美波の“初キスシーン”の相手を演じた感想を明かす「すごい堂々と…」

番組では今回、ABEMAプレミアム独占配信ドラマ『アンダードッグ』の出演者らが登場。新人ボクサーを演じた北村が、出演する上での苦労などを語る場面があった。

北村は「最初はやっぱ、心折れてたんですよね、正直」と切り出すと「身体づくりもあるし、いわゆる殺陣みたいなものを全部覚えたりとか。動けるだけの体力もなきゃいけないし、足腰も鍛えないといけないし」とコメント。

また、撮影のために10キロの減量を敢行し、見事にプロボクサーの姿を体現したことが明かされると「本当にいろんな試合を見て、走って筋トレして食事制限して、それでイライラすることもあったんですけど…。こんなに自分の努力とか、そういうプロセスが結果として出るっていうことを、改めて実感できた」と振り返っていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254