丸山桂里奈、夫・本並健治氏の“プロポーズソング”に涙「生まれてきてよかった」

2021.1.3 19:30
丸山桂里奈、夫・本並健治氏の“プロポーズソング”に涙「生まれてきてよかった」サムネイル画像
丸山桂里奈/(c)E-TALENTBANK

1月2日放送の日本テレビ系『第7キングダム』に、丸山桂里奈とその夫の本並健治氏が出演。本並氏が、丸山に対する“プロポーズソング”を披露した。

【別の記事】丸山桂里奈「謝りたい」新婚の夫への“隠し事”とは?「旦那さんに…」

番組では、本並氏ら出演者が、それぞれの恩人に向けて、普段は伝えられない思いを自作の替え歌に込めて歌唱するという企画が行われた。この中で、本並氏は、過去に50回以上もプロポーズをしているが、はぐらかされて正式な答えをもらっていないという丸山に対する“プロポーズ”をテーマにした歌を披露。

歌唱前の場面で、本並氏は、丸山に向けて、「僕が56年生きてきた中で、桂里奈と出会えた、結婚したことが1番幸せでした」と切り出し、「桂里奈はいつも“僕の両親に会いたかった、話したかった、旅行に行ったり、おいしいご飯を食べたかった”っていつも言ってたけど、叶うことができなかったけど」「天国の両親は喜んでると思います」と思いを伝えた。

そして、「結婚しようよ 普段は照れて 言葉にできなくてごめんね」「あなたの笑顔も ガパオライスも ずっと独り占めしていたい」「愛する君と 幸せな家庭 さぁゆっくりと築こう」といった詞の替え歌を歌いあげた。

この本並氏の歌唱に丸山は涙を流し、「生まれてきてよかった」「めちゃくちゃ感動した。歌詞がすごいやっぱりしみた」「“本当に1人じゃないな”って思わせてくれたっていうか」とコメントした。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100