「泣きすぎて」森七菜『天気の子』声優に初挑戦した際のプレッシャー明かす

2020.12.29 17:30

12月28日放送のテレビ朝日系『羽鳥慎一モーニングショー』に、来年1月3日に地上波で初放送されるアニメ映画『天気の子』で声優を務めた醍醐虎汰朗・森七菜が生出演した。

【別の記事】森七菜、スカウト秘話を明かしスタジオ驚き「そんなことあります?」

番組の中で、羽鳥慎一アナウンサーが、同作で声優に初挑戦したという森に対して、「いかがでした?」と尋ねると、森は、「すごい緊張してましたね、初日とかは。もう緊張しすぎて泣いちゃうくらい」と振り返った。

これを受け、羽鳥アナは、自身が同作の完成披露試写会に行ったと明かした上で、「森さんいらっしゃって、終わった後、なんか挨拶する時もすごい泣いてて」「“やっぱり大変だったんだな”って、ずっと端で見ていたんですけど」とコメントした。

これに、森は、「その時も泣いてましたっけ?」「忘れちゃった、泣きすぎて」と笑いながら話しつつ、「やっぱり、『君の名は。』って大きな作品もありましたし」「その次の作品のヒロインということで、すごく大きな役割を任せてもらったなと思ってました」として、当時感じていたプレッシャーの大きさをうかがわせた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254