ソーシャルドラマ「恋は青春より青し。」の主題歌にSNS発の新世代男女ユニット“まるりとりゅうが”の新曲「甜言蜜語 」が決定

2020.12.25 20:15
ソーシャルドラマ「恋は青春より青し。」の主題歌にSNS発の新世代男女ユニット“まるりとりゅうが”の新曲「甜言蜜語 」が決定サムネイル画像
まるりとりゅうが

ティーン支持率&売上共にNo.1のティーン向けファッション誌「Popteen」と株式会社ツインプラネットがコラボレーションした、新TikTokドラマ「恋は青春より青し。」(通称:koiao)が、2021年1月1日よりTIKTOKの公式アカウントにて配信スタートすることが決定。あわせて、このドラマの主題歌をSNS発の新世代男女ユニット“まるりとりゅうが”が担当することも発表された。

新TikTokドラマ「恋は青春より青し。」のキャストは、Popteen・Men‘sPopteenから注目のティーン世代7名が全国から集結。堀越琉音、下山碧夢、瓜生優菜、川端結愛、小野慶人、宮本廉也、中村榛の出演が決定している。

ストーリーを展開していく舞台は「私立ひとみ学園」。「キス禁止」という校則の中、ギリギリすり抜けのKISSテクニック「#抜けキス」に注目が集まりそうだ。また、ドラマはキャラクターそれぞれの目線で物語が進行。キャスト7名の関係性や性格も事前に把握することで、ストーリーがより楽しめるのではないだろうか。そして、視聴者からの声を反映し、最後にキスをするカップルが決定するという。

また、この『恋は青春より青し。』主題歌は、デビュー前にして二人の総フォロワー数18万人・SNS発の新世代男女ユニット“まるりとりゅうが”が担当することが発表された。

まるりとりゅうがは、SNSを中心に同世代の男女から絶大な支持を得る・MaRuRi、マルチな才能でプロデュース能力にも長ける現役慶應大学生シンガー・Ryugaからなるユニット。注目の主題歌は、新曲の「甜言蜜語 」で、ドラマのために書き下ろしされたものだという。

【総合プロデューサー、Popteen編集長・塚谷恵氏による見どころ】

「キスは、セーフなのかアウトなのか?」どの学校にも校則があり、学生達は日々「大人や社会が決めたルール」の中でスクールライフを送っています。納得いかない事、守らないといけないという社会性、暗黙の協調性…。しかし、これからの時代は、もっと1人1人の個性やキャラクターを重視し、個人の考えを尊重する時代になってきます。

そんな新しい時代の次世代ドラマとして、今までになかった観ている人が参加できる、応援できる、ストーリーを育てていける、感情を「シェア」できるソーシャルドラマを作りました。

キスという「個人的な価値観や考え」を7人それぞれのキャラクターを通して、見ている人が7通り共有できるのがポイントです。主役を決めていなく、正解もある意味ありません。個人を尊重し、1人1人の存在価値にフォーカスします。

また、キスを禁ずることを校則にしました。「校則」って分かりやすく、大人や社会が決めたルールだと思います。そんな社会や大人にちょっぴり反抗したくなる、10代の気持ちをキスを通して、コミカルに表現しています。視聴者の皆様と、一緒に感情移入して、一緒に気持ちをシェアして、一緒にストーリーを作り上げていきたいと思ってます。是非楽しんで頂ければ幸いです。

【番組情報】

「恋は青春より青し。」公式TIKTOKアカウント(@koiao_drama)で配信
2020年12月28日(月)ティザー公開 2020年1月1月(金)から、毎週(水)(金)(土)19:00〜 順次公開
●エピソード0:2020年1月1日(金)〜 1話約60秒 全23話 /ドラマの全貌やキャラクター紹介
●エピソード1:2020年2月26日(金)〜1話 約60秒 全30話 /本編ドキドキのキスシーンは見れるのか!?

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254