brainchild’s、未発表曲含むスタジオセッションライブなどを収録したブルーレイ発売決定

2020.12.25 22:00

ギタリストEMMAこと菊地英昭によるコラボレーション・プロジェクトbrainchild’s(ブレインチャイルズ)が、2021年3月17日(水)に新作ブルーレイ『We Hold On na tei de WHO 2020 “Set you a/n”』をリリースすることがアナウンスされた。

今年6月に予定されていたおよそ2年ぶりのツアーが新型コロナウィルスの感染拡大により延期になったことを受けて、8月に配信リリースされiTunesロックチャート1位を記録した新曲「Set you a/n」のレコーディングから、ギター菊地英昭、ヴォーカル渡會将士(FoZZtone)、ベース神田雄一朗(鶴)、ドラム岩中英明(WHITE LIE)の4人体制から、キーボードにMAL(ArtyPacker)が加わり5人体制となっていたbrainchild’sの今の姿をファンの方々へ早く届けたい、そして新型コロナウィルスによる閉塞感の中で、少しでも前向きな気持ちになって欲しい、という思いから、9月から10月にかけて全5回にわたり実施した、初の有料配信イベント【We Hold On na tei de WHO “Set you a/n”】をパッケージ化したもので、未発表曲でこのイベントで初披露となった新曲「Heaven Come Down」を含むスタジオセッションライブ全15曲、そして各メンバーへの密着映像、インタビュー映像などを収録した大ヴォリュームの内容となっている。

当初はリリースの予定は無かったが、ファンから多くの商品化の要望が寄せられたことを受けて、この度の映像作品化が決定したという。

数量限定となる初回仕様限定盤は、スリーブケース仕様でメンバー直筆サイン入りのプレゼントが当たる抽選応募ハガキが封入されるとのことなので、是非、予約してみてはいかがだろう。

また、このブルーレイの発売を記念して、東名阪のZeppでの大スクリーン上映会【brainchild’s We Hold On na tei de WHO 2021 at Zepp de Encore Viewing】の開催も発表された。

この上映会用にスタジオセッションライブの映像を再編集し、レコーディングしたオリジナル音源を再調整し、マルチトラックで会場の大型メインスピーカーより出力する、徹底的に音にもこだわった極音上映会となり、上映後はメンバー5人の登壇、ミニトークも予定している。

なお、新型コロナウィルスの感染拡大対策として、人数制限を受けての開催となる。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254