ボーイズグループ・OWVの新曲が1位に!歌唱注目度ランキングにDa-iCEら初登場

2020.12.27 11:30

歌詞検索サービス「歌ネット」が、12月24日付けの「歌ネット注目度ランキング」を発表した。

注目度ランキングは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定する。通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」のランキングだ。

今回のランキングでは、1位にOWVの「Ready Set Go」が初登場。2021年1月20日にリリースされるニューシングルのタイトル曲だ。デビューシングル「UBA UBA」はBillboard JAPAN シングル週間チャート3位を獲得。今作はそんな彼らの2ndシングルとなる。クリエイティブ・コンセプトは「色気」。恋愛にまつわる始まりから終わり、情熱や切なさを表現した3曲が収録。メンバーが男性の色気を醸し出すクリエイティブな作品に仕上がっている。

3位には、sumikaの「本音」がランクイン。2021年1月6日にリリースされる両A面シングルの収録曲であり、第99回全国高校サッカー選手権大会応援歌として書き下ろされた。同曲についてのコメントで、片岡健太(Vo.&Gt.)は「今年は、人に会えない時間が長かったので、人の本音が見えづらい部分があったかと思います。この高校サッカーを通して、みんなが本音で言い合えるような時間や瞬間が訪れてくれたらいいなという思いを込めて作りました。『ありがとう 本音だから』という歌詞は、面と向かっては照れくさくて言いづらいけど、曲なら言える。音楽だからこそ、素直になれる特別なフレーズです」と明かしている。

4位には、Da-iCEの「Love Song」が初登場。2021年1月20日にリリースされるニューアルバム『SiX』に収録される新曲だ。楽曲を提供したのは、andropの内澤崇仁。サビの<世界中がラブソングで溢れる>というフレーズが印象的な心温まるラブソングで、この冬、寒い夜に聴きたくなる一曲となっている。リリックビデオでは「World with Love」というメッセージが書かれた紙ヒコーキが世界の空を巡りながら、愛を繋ぎ、言葉を届ける展開になっている。

5位には、瑛人の「僕はバカ」がランクイン。2021年1月1日にリリースされる1stオリジナルアルバム『すっからかん』のリード曲である。同曲は、ちょっぴり切ない妄想ラブソング。MVはそんな瑛人の妄想を自ら主役となって演じる作品となっており、ヒロイン役として飯豊まりえを迎え、全編ドラマ仕立ての作品に。とある街に住む、とある男性の日常に訪れた、とある幸せ。憧れの異性との恋愛妄想劇が描かれている。

10位には、ミズシラズの「夜明け」が初登場。2021年1月11日にリリースされるデビューシングルのタイトル曲だ。『エイベックス × テレビ東京』によるオーディション『ヨルヤン』を勝ち抜いた10代のヴォーカリスト5人。作詞・作曲を手掛けたのは、DECO*27。オーディションの審査員も務め、戦いと成長の日々を全て見届けてきた。メンバー1人ずつに直接インタビューを行い、これまでの人生や今感じている不安など、多感な時期を過ごす等身大のミクロな感情を吸い上げ、そこからのインスピレーションを以って制作された。

【2020年12月24日付、歌ネット注目度ランキング】

1位 Ready Set Go/OWV
2位 eleven/E-girls
3位 本音/sumika
4位 Love Song/Da-iCE
5位 僕はバカ/瑛人
6位 おまじない/GReeeeN
7位 ゆらゆら/GReeeeN
8位 RED PHOENIX/EXILE
9位 RISING SOUL/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE
10位 夜明け/ミズシラズ

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254