「君の名は。」新海誠監督の熱血ダメ出しに、SMAP稲垣吾郎が「勉強になるわ」

2016.12.9 19:32

「君の名は。」新海誠監督の熱血ダメ出しに、SMAP稲垣吾郎が「勉強になるわ」サムネイル画像

8日放送のTBS系「ゴロウ・デラックス」で、稲垣吾郎が映画「君の名は。」の新海誠監督から演技指導を受け、その内容に感嘆する場面があった。

番組は稲垣と外山惠理アナウンサーが「君の名は。」の感想を述べたり、新海監督がアニメ監督とはどういう仕事をしているのか説明などを行い進行していった。

すると新海監督は稲垣と外山アナの2人にアフレコへの挑戦を提案し、セット内に設けられたスペースで2人はアフレコをすることに。

稲垣が挑んだのは主人公の少年「瀧」の中身が少女「三葉」に代わってしまい、それを隠しながら男友達と会話をするというシーンだったが、1回目で稲垣は新海監督から「年齢感が高すぎる」と注意を受けてしまう。稲垣は自分のことを「オカマのおっさん」と自虐的に評していた。

新海監督は「息芝居」というアニメーション独特の手法があり、息で喜怒哀楽を表現するのだと解説すると、稲垣は「息大切なんですね」「勉強になるわ」とひたすら感心していた。

最後のアフレコの挑戦を終えると、新海監督は「お2人とも、ちゃんと高校生に見えました」と熱演を褒めたが、稲垣は「おじさんとおばさんなのにね」と、最後まで後ろ向きなコメントだった。

ネットではこの様子に「冷静に稲垣吾郎さんのアフレコにダメ出す新海誠さんさすがだ…。」「稲垣くんのアフレコに手厳しい新海監督w。」「稲垣吾郎が意外とアフレコ上手い。」といった声が挙がっていた。

関連画像