「可愛過ぎて」第41期 囲碁名人戦七番勝負に花束プレゼンターで登壇した“可愛すぎる”美少女は誰?と話題

2016.12.7 17:54

「可愛過ぎて」第41期 囲碁名人戦七番勝負に花束プレゼンターで登壇した“可愛すぎる”美少女は誰?と話題サムネイル画像

2日(金)第41期囲碁名人戦七番勝負を制した高尾紳路名人(40)の就位式がホテル椿山荘東京で開かれ、約600人が来場する盛大な式になった。

高尾新名人は、井山裕太前名人(27)に2年連続で挑戦し、自身2度目の名人獲得を果たした。

その式に花束贈呈約として登壇した一人の女の子が可愛すぎるとWEB上で話題になり、コメント投稿が殺到し、お祭り状態になっている。

話題になっている女の子とは、アイドルグループSUPER☆GiRLSのリーダー前島亜美(19)。今回新名人になった高尾名人の元、2015年よりニコニコ生放送番組内で「高尾紳路プロデュース スパガ前島亜美 囲碁初段への道」という企画で囲碁を猛勉強中である。

今年4月に開催されたニコニコ超会議ではプロ棋士の鈴木歩7段と対局。プロは目隠しという大きなハンデながら、勝利を収め、着実に囲碁の実力を伸ばしている。

そんな中、高尾新名人の就位式に花束贈呈プレゼンターとして登壇。「どの世界でも第一線で戦い続けるって本当にすごい」と式に登壇し、感慨深いコメントを残している。

この大抜擢にユーザーは「twitterのこの子誰か知ってますか?可愛過ぎて知りた過ぎます。」「こういった清楚な娘がほしい。」「大人な清楚な雰囲気で、とても綺麗で美しい。」と、少し囲碁とはかけ離れているが、前島の清楚な姿が話題を拾った。

昨今、人工知能を用いたソフト等の登場で何かと話題になる「囲碁」。世界の囲碁人口は約4,000万人と言われている。

関連画像