走裕介、ニューシングルは吉幾三氏書下ろし作品「一期一会」

2020.12.21 22:00

2021年2月10日発売の走裕介16枚目のニューシングル「一期一会」は、吉幾三氏が書き下ろした作品で走にとっては初めての吉作品になる。

デビューから12年を越え、キャリア・年齢的にも脂がのってきた走裕介。今回は彼が今までチャレンジしてこなかった「人生歌」となり、吉幾三氏による人生における一期一会の出会いを描いたフォーキーでソウルフルな楽曲に仕上がった。

吉氏からは「走君は船村先生の弟子で鳥羽さんの弟弟子でもあるから基本的なものがちゃんと出来ている。レコーディングでは、“一期一会”をしっかり歌っていただきました。まだまだこれから夢が広がる歌手ですので応援よろしくお願い致します。」と走にエールを送った。

今作は、販売特典も盛りだくさん。コロムビアミュージックショップにて期間中購入すると、走と直接電話で話が出来る『もしもし、 裕介です』、全国の対象店舗にて予約をすると「お名前入りサイン色紙」をプレゼント。またリミスタインターネットサイン会で購入すると、ポストカードがプレゼントされる。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100