嵐・松本潤のガチすぎる演技に、出川哲朗が一時期“トラウマ”だったと告白。「本当に怖かったのよ」

2016.12.5 20:20

嵐・松本潤のガチすぎる演技に、出川哲朗が一時期“トラウマ”だったと告白。「本当に怖かったのよ」サムネイル画像

3日放送の日本テレビ系「嵐にしやがれ」に出川哲朗が出演し、一時期苦手だったというジャニーズメンバーを実名告白した。

「出川が一時期苦手だったジャニーズメンバーは誰?」というクイズに、出川は「テレビで初公開します。正直この人は苦手でした。リアルに」と言うと、嵐のメンバーが不正解を出し「まさかいるんじゃねえ、こん中に」との声と共にアンジャッシュ・渡部建が「松潤」とあっさり一発で正解する。しかし当の松本は「俺、全然心あたりない」と困惑気味。
きっかけは11年前の2005年に日本テレビ系「Dの嵐!」に出川がゲスト出演した際のことだ。嵐のメンバーに髪をバリカンでカットされた出川がキレるというドッキリを仕掛けた。ところが実はこの企画、出川のリアクションを受けて松本がさらにキレる、という逆ドッキリだったのだ。

松本による熱演を振り返って「いやいや、もうね、本当に怖かったのよ」と出川は語る。櫻井翔が「数々のドッキリを経験している出川さんでも、そう思うくらい怖かったんですか?」と尋ねると、彼は「そう」と即答した。「このパターンのドッキリで一番怖かったのが、松本くんと安岡力也さん」としてスタジオの爆笑を誘っていた。

Twitterでは「キレた松潤怖すぎ。あれは出川さんじゃなくてもトラウマになるよ」「松潤と出川の因縁っつたらあのドッキリしかないだろと思ってたけどテレビであの映像見れるの嬉しすぎる!!!!!!!!」「松潤に逆ドッキリでキレられる出川さんかわいいと」と、松本の演技力を絶賛する声が多数並んでいた。

関連画像