大比良瑞希、『Eternal My Room』が『もしや不愉快な少女』のエンディング曲に決定

2020.12.18 14:00
大比良瑞希、『Eternal My Room』が『もしや不愉快な少女』のエンディング曲に決定サムネイル画像
大比良瑞希

門真国際映画祭やヤングシナリオ大賞などでも受賞を重ね、各所で話題沸騰中の17歳の映画監督シタンダリンタの最新作『もしや不愉快な少女』がYoutubeにて12月18日(金)20時より無料公開される。

今作は、未成年であったが故の理由でどん底に落ちてしまった元子役の少女の心の成長と再生をつづる物語。

友情、恋愛、家庭、様々な出来事に触れながら着実に大人へと向かっていく様を極めてノスタルジックに描きながら、現代においての未成年の立ち位置を模索していく意欲的な1作となっている。

そんな待望の新作のエンディング曲にシタンダリンタの熱烈なラブコールが見事成就し、七尾旅人、tofubeats、蔦谷好位置が参加で話題の実力派シンガー・ソング・ライター、大比良瑞希の本年6月発売の2ndアルバム『IN ANY WAY』収録の「Eternal My Room」が決定。

かねてから大比良瑞希のファンでその音楽を聴き続けていたシタンダリンタ。

「『Eternal My Room』を是非エンディング曲として使わせて欲しいのですが…」と、熱い想いを長文メッセージに綴り大比良瑞希に送ったところ、そのメッセージにとても感動した大比良瑞希が快諾!今回のエンディング曲決定に至ったというまるで映画のようなエピソードも。

その他にもシタンダリンタこだわりの選曲により、THEティバやBROTHER SUN SISTER MOONなど、総勢17組のアーティストの楽曲が挿入歌として使われている。

17歳の映画監督が描く約3時間に渡る大作。その早熟な才能の閃きを是非チェックしてみてはいかがだろう。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100