The Flying Videotape、完全宅録の新曲「グミベアとチョコレート」を配信リリース

2020.12.17 15:00
The Flying Videotape、完全宅録の新曲「グミベアとチョコレート」を配信リリースサムネイル画像
The Flying Videotape

東京都出身の3ピースロックバンドThe Flying Videotapeが、12月16日(水)に新曲「グミベアとチョコレート」を配信リリースした。

The Flying Videotapeは、1999年生まれのTogo(Vocal&Guitar)とTakuro(Bass)の出会いをきっかけに結成されたロックバンド。2019年4月にはTakuroの弟であり現役高校生のSango(Drums)も加入し3人体制で活動を開始。

昨年8月に突如、タワーレコード渋谷店で3曲入りデモCD-Rが発売されると、60’〜70’sロックを感じるサウンドが話題を呼び、デモCD-Rの完売状態が続く。その直後に1stアルバム「1999」で2019年9月デビュー。彼らのサウンドとTogoが紡ぎ出す歌詞は、1970年前後のはっぴんえんど等の日本ロック創世が、50年の時を経てアップデートされタイムシフトしたように、新鮮味と郷愁を感じさせた。さらに、今年3月にデジタルリリースした「風船」では70’sファンクロックのサウンドでバンドの幅も魅せていた。

そして12月16日、The Flying Videotapeの今年2曲目となる新曲「グミベアとチョコレート」が発表された。今作もこれまでの作品同様、アナログ機材による宅録でレコーディングされている。ジャケットはSangoによるデザイン。洋楽にも深く影響を受けた新時代のバンドの登場である。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100