ショーン・メンデス、最新作『ワンダー』が全米アルバム・チャート1位&4作品連続の首位達成

2020.12.16 22:15
ショーン・メンデス、最新作『ワンダー』が全米アルバム・チャート1位&4作品連続の首位達成サムネイル画像
ショーン・メンデス

ショーン・メンデスが12月4日に発売した最新作『ワンダー』が、米ビルボード・アルバム・チャート「Billboard 200」で1位を獲得した。

本作は、2018年に発表した前作『ショーン・メンデス』から約2年半ぶり、通算4作目のスタジオ・アルバムで、同チャートでは2015年のデビュー・アルバム『ハンドリトゥン』、2016年の2ndアルバム『イルミネイト』、そして前作『ショーン・メンデス』に続く4作連続の首位獲得。

「Billboard 200」史上、22歳以下で4作品1位を獲得した男性アーティストは、エルヴィス・プレスリーとジャスティン・ビーバーに次ぐ3人目となる。このアルバムにはすでに全世界で6億回のストリーム再生数を超えている。

ショーンは、自身のインスタグラムで「『ワンダー』を愛し、サポートしてくれて本当にありがとう!!!▽ 」と喜びの投稿をした。

現在、日本国内盤『ワンダー デラックス・エディション』(UICL-9121)が絶賛発売中。この中には日本限定のフォトカードやカレンダーの他、「ショーン・メンデスとのオンライン ミート&グリート」などの豪華特典が当たる「Wonderくじ」が封入されている。「Wonder くじ」の応募締め切りは12月21日のため、お早めにチェックしてみてはいかがだろう。

※▽はハートマーク

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254