藤原紀香、夫・片岡愛之助についてや“梨園の妻”としての生活語る「なんとか懸命に…」

2020.12.17 10:00
藤原紀香、夫・片岡愛之助についてや“梨園の妻”としての生活語る「なんとか懸命に…」サムネイル画像
(c)Akihiro Ito(CoiL management) (c)SHOCHIKU ENTERTAINMENT

12月15日深夜放送の関西テレビ『グータンヌーボ2』に、藤原紀香が出演。夫の片岡愛之助との生活について語った。

【別の記事】片岡愛之助、妻・藤原紀香にも不思議がられる?こだわりとは「半分でいいかな…」

今回藤原は、長谷川京子、広瀬香美とさまざまなトークを展開。この中で、長谷川が、「どうなんですか?」「歌舞伎のほうの世界は」と尋ねると、藤原は、「なんとか懸命に、いろんな方に教わりながらやってますけど、楽しいです」とコメントした。

また、歌舞伎役者である夫については、「何かを覚えてない時はないですね」「いつも唸ってます」とその多忙さを明かしつつ、「だから月末近づくと、近寄らないほうがいいなっていう、ローテーションがわかってきました」と語った。

続けて、「例えば、1日か2日から始まって、25日間必ずやるじゃないですか」「そうするともう、次の月の演目のものを覚え始めなきゃいけないんだけど、プラス、ドラマとか映像のほうもしてるじゃないですか」「歌舞伎の人たちって、(稽古を)4日間ぐらいしかやれないので…例え、子供の頃からやってない初役でも、次の月のものを4日間で」「完璧に覚えて舞台稽古に入らないと」と説明した。

さらに、「(夫は)ほとんど寝てないです、月末は」と明かしつつ、「月末になると、『私、じゃあ予定入れたほうがいいんだね』『そうしてくれると助かる』みたいな」「お友達と会ったりとか、映画観たりとか」と語った。なお、藤原自身も仕事に集中している際は、夫も距離を置いて触れないようにしてくれるという。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254