AKB48、西野カナ、ピコ太郎、イエモンなどが各賞受賞!『第49回日本有線大賞』司会は高橋英樹とこじるりに決定

2016.11.30 17:26

AKB48、西野カナ、ピコ太郎、イエモンなどが各賞受賞!『第49回日本有線大賞』司会は高橋英樹とこじるりに決定サムネイル画像

『第49回日本有線大賞』が12月5日(月)夜7時から生放送される。

毎年、有線放送に寄せられたリクエストのデータにもとづき決定される「日本有線大賞」。2016年の「最も聴きたい曲」、「最もリクエストされた曲」が明らかになる。

有線大賞候補となる「有線音楽優秀賞」の豪華8組をはじめ、有線話題賞に選ばれたRADIO FISH、ピコ太郎や、特別賞に選ばれた浦島太郎(桐谷健太)、THE YELLOW MONKEYなど、各賞はすでに発表になっているが、このたび、番組の司会に高橋英樹と小島瑠璃子の2人が決定した。

高橋は1961年のデビュー以来、の映画、舞台、ドラマはもちろん、近年はバラエティー番組にも多く出演。音楽番組での司会の経験もあり、正に芸能界の生き字引ともいえる存在。

また、同じく司会の小島は、バラエティー番組の出演はもちろん、スポーツ番組への出演や、現在放送中のドラマ『コック警部の晩餐会』で初めて女優業に挑戦するなど、幅広いジャンルで活躍しているが、音楽番組の司数多会は今回が初挑戦となる。

また、2人をサポートする進行役には、TBSアナウンサーの江藤愛が務める。果たして、「日本有線大賞」の栄冠は誰の手に?

さらに番組では今年も、公式ホームページを通じて「有線大賞で聴きたい&観たい曲」のリクエストを募集。リクエストの寄せられたアーティストの中から数組が今年も楽曲を披露するので、そちらもチェックしよう。

<コメント 高橋英樹>
出演するアーティストの皆さんの良さを引き出すような司会をしたいですね。
このお話を頂いた時、娘に羨ましがられた反面、心配もされたのですが、小島さんは多才で安定感のある方ですし、安心して2人で頑張れると思います。普段は、歌手の方とご一緒する機会があまり無いので出演者の皆さんのパフォーマンスを拝見するのが今から楽しみです。

<コメント 小島瑠璃子>
私の年齢の倍以上の歴史を持つ番組ですので、楽しみな反面、プレッシャーもありますが、それをプラスに変えられるように頑張ります。出演者には、私と同世代のアーティストの方もいらっしゃるので今から共演が楽しみです。高橋さんとは、何度かお仕事をご一緒させていただいているのですが、とても温かく、頼りになる大先輩なので、共に司会を務める喜びを感じています。音楽番組の司会は初めてですが、中々頂けない大役だと思いますので、精一杯頑張ります。

関連画像