杉咲花『おちょやん』自粛期間の影響を受けた撮影振り返り「ここまで長かったなあ…」

2020.12.15 6:20

12月13日放送のTOKYO FM『杉咲花のFlower TOKYO』に出演した杉咲花が、11月30日から放送が始まったNHK連続テレビ小説『おちょやん』について語った。

【別の記事】杉咲花、高校時代に木村拓哉から課せられた“罰ゲーム”明かす「赤点取った場合…」

番組では、『おちょやん』を観たというリスナーからの感想メールを紹介。同リスナーの“無事に放送を迎えられてよかった”などのコメントを受け、杉咲は、「嬉しいです。本当にありがとうございます」と感謝を述べた。

続けて、「1年以上前から準備を進めていて、やっとこの日を迎えることができたことを、ホント感慨深い気持ちでいっぱいなんですけど」と明かしつつ、「“ここまで長かったなあ”って思いますね。決まってから、関西弁と所作の稽古をずーっとして、台本読んでっていう日々があって」とコメント。

さらに、「“そろそろクランクインかな”って思ったところで、自粛期間が始まって」「“いつ撮影始められるのかな”っていう思いを、ずーっとお家の中で抱きながら」「やっとクランクインできて、そっから5ヶ月弱ぐらいずっと撮影してきたんですけど」と振り返り、「こうやって感想をいただけたことで、ホントに始まったんだなっていう実感がめちゃくちゃ湧いていて」と語った。

そして、「これからまだまだ長いお付き合いになると思いますが、ホントに『おちょやん』面白い作品になってると思うので、もっともっとたくさんの方々に楽しんでいただけたらいいなと思ってます」とコメントした。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254