シンガーソングライター植松陽介、4曲入りEP「会いたいけど眠たい」配信&MVでは眠気と戦うコミカル演技にも挑戦

2020.12.14 15:30
シンガーソングライター植松陽介、4曲入りEP「会いたいけど眠たい」配信&MVでは眠気と戦うコミカル演技にも挑戦サムネイル画像
植松陽介「会いたいけど眠たい」

圧倒的な歌唱力とユーモアたっぷりの歌詞やライブも話題のシンガーソングライター植松陽介がライブ会場でしか手に入らなかった4曲入りEP「会いたいけど眠たい」をついにデジタルリリース。

リードトラックの「会いたいけど眠たい」では恋人に会いたい健気な女心と睡魔との戦いを描いた歌詞に切ないメロディがあいまって心を打たれること必至。

また、この曲のミュージックビデオでは、眠気と戦いながら懸命に歌おうとするコミカルな演技にも挑戦。歌っている途中で眠気さましのためにコーヒーをのんだり、ヨガをしてみたり、様々な策を講じるもラストは…ぐっすり。

今作はライブでの人気曲ばかりをギュッと詰め込んだ珠玉のEPで、ブラックミュージックをベースにユーモアたっぷりの歌詞を説得力のある歌唱力で歌い上げる彼のスタイルを存分に味わえる作品となっている。

また、今年の4月からスタートしたTikTok“突然志村けんになる〇〇シリーズ”の再生回数はなんと合計1200万回以上。面白さだけでなく、歌の上手さでも注目され、朝の情報番組でも取り上げられるなど話題となっている。あいみょん/裸の心や、HY/366日なども有名曲のサビ途中で、突然志村けんが登場。その登場するタイミングの意外さやモノマネのクオリティが高いのも魅力だ。

普段から半径3メートルの日常生活あるあるをクスッと笑える歌詞に込め、圧倒的な歌唱力を武器にメロディアスに歌い上げる植松陽介。ぜひこの彼の独特の世界に浸って、笑った後にジーンと泣いて欲しい。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254