KEYTALK、新曲「Orion」が12月23日(水)に配信リリース決定

2020.12.14 14:00
KEYTALK、新曲「Orion」が12月23日(水)に配信リリース決定サムネイル画像
KEYTALK「Orion」

2009年下北沢にて結成し、2013年メジャーデビュー。日本武道館・横浜アリーナ・幕張メッセでのワンマンライブを成功に収め、今や日本全国の大型フェスで大トリを務めるまでに成長した“KEYTALK”。

2019年は移籍という新たな一歩を踏み出し、11月にリリースしたオリジナルアルバム『DON’T STOP THE MUSIC』は、多方面から高い評価を得てオリコンウィークリーアルバムランキング5位を記録。

今年2020年は、年明け早々からファンクラブツアーで全国各地を巡り多くのファンと触れ合ってきた。その後、3月に『サンライズ』、8月に『流線ノスタルジック』をリリースした後、9月からは3ヶ月連続『無観客配信ワンマンライブ』を実施。

さらに、11月にはレッドブル・ジャパンが展開したキャンペーン『#歌詞に翼をさずける』のタイアップソングとして、若手最重要バンドFOMAREとのコラボレーション楽曲『Hello Blue Days』をリリース。

そんな勢いの止まらない彼らが2020年最後に届ける新曲『Orion』。今作は、FM NACK5が毎年冬をHOTに過ごすためにスキーやスノーボードなど役に立つ情報をまとめて発信しているキャンペーン「Winter Aloha 2021」のキャンペーンソングとして書き下ろされた楽曲。

さらに、様々な変化が問われるこの時期だからこそKEYTALKにとっても大きな挑戦となる1曲。冬のバラードを感じさせる始まりから、KEYTALKらしいテンポ良い盛り上がりに繋がるサウンドアレンジ。

ライブ開催が難しいこの時期だが、この冬は「耳元」で彼らの進化を感じて欲しい。

来年2021年新年のスタートとして予定していた国立代々木競技場第一体育館での『2daysワンマンライブ開催』は、感染拡大が続いているコロナ情勢により残念ながら開催中止となってしまったが、音楽業界が混乱した大変な時期においても『音楽』を届け続けた彼らの2020年最後の『挑戦』を是非チェックしてみてはいかがだろうか。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100