ドイツの作曲家クリスチャン・レフラー、アルバム『Parallels: Shellac Reworks』の発売が決定

2020.12.11 15:00
ドイツの作曲家クリスチャン・レフラー、アルバム『Parallels: Shellac Reworks』の発売が決定サムネイル画像
(c)Christian Loffler

ドイツのコンセプチュアル・アーティストであり、作曲家のクリスチャン・レフラーが、J.S.バッハ、ベートーヴェン、ショパン、ワーグナー、スメタナ、ビゼーの6人の偉大なクラシック作曲家の楽曲をリワークしたアルバム『Parallels: Shellac Reworks』を、2021年2月12日にリリースすることが発表された。また、12月10日より、デジタルのプリオーダーも開始された。

クラシックの老舗レーベルであるドイツ・グラモフォンとGoogle Arts & Culture の共同修復プロジェクト「シェラック・プロジェクト」により、1930 年代まで主流だったアナログ・レコードの多くがデジタル化され、リマスターされた。そして、クリスチャン・レフラーはドイツ・グラモフォンの誘いとGoogle Arts and Cultureの支援を得て、「シェラック・プロジェクト」に参加、クラシック音楽界で最も偉大な6人の作曲家の作品をリワークすることになった。

今作には、ライプツィヒの聖トーマス教会の聖歌隊が歌うバッハの〈汝エホヴァがためにわれは歌わん〉や、子供の頃、母親がよく聴いていたワーグナーの〈パルジファル〉など、あまり知られていない楽曲から大作まで収録。ベートーヴェン作品では、「録音を聴いていて思ったのは、この音楽の中には、実際にはとても人間的で親しみやすいものがあるのに、何十年もかけて再生したり、考え直したりしているうちに、どこか心もとないものになってしまっているものがあるんじゃないか、ということです。私はそれを非常に基本的な感覚に戻したいと思ったのです」とレフラーは語る。

また、レフラーは、12月12日(現地時間)に、ベートーヴェンの生誕250周年を記念して、ドイツのボンにあるベートーヴェン・ハウスで行われる「YellowLounge」の配信ライブに出演。ベートーヴェン作品をリワークした楽曲を生演奏する予定だ。

「Yellow Lounge」は、ドイツ・グラモフォンが、“一流の音楽を気軽に楽しむ”というテーマのもと、コンサート・ホールを抜け出し、クラブをはじめとした様々な会場で実施している新コンセプトのイベントで、日本でも話題となっている。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100