ゴールデンボンバー樽美酒、紅白落選で心境告白「女々しくてバブルは終了」。視聴者からは「残念」の声

2016.11.24 19:28

ゴールデンボンバー樽美酒、紅白落選で心境告白「女々しくてバブルは終了」。視聴者からは「残念」の声サムネイル画像

ゴールデンボンバーの樽美酒研二が、24日、ブログで紅白落選の心境を綴った。

樽美酒は、24日に行われた紅白歌合戦の出場者発表を受けて、ブログで「今年は紅白歌合戦ダメだったみたいですね。」と、昨年まで4年連続で出場を果たしていた紅白歌合戦について触れた。

樽美酒は「落選した理由は歴然!周りのアーティストさんが話題性ぎっしりで皆さんが凄かった…そういう事だと思います!」と落選の理由を自己分析。「しかしながら我々ゴールデンボンバー全員一年間しっかり働き抜きました!!まだ今年終わってませんが 笑 それは間違いない事実!来年ももちろんしっかり働くつもり!いや、働きます!そして再来年…そしてその次の年もしっかり働く気満々です!」と、更なる頑張りを誓っていた。

また「しっかり頑張ればきっとまたお声を掛けて下さるかもしれない」と将来への希望も捨てていないようで、「だいたい4年連続出場できた事が奇跡。落選した事を悲しむのではなく、4年連続出場できた事に胸を張らせて頂きます!」と綴った。

さらに「これで女々しくてバブルは終了です!まずは、この世に超ウルトラスーパー名曲を生み出してくれた鬼龍院さんに感謝!そして、後のザコ3人組も音楽は生み出せませんが自分ができる事をしっかりこれまで通り頑張って行きましょう!」と、4年連続歌唱した「女々しくて」を作詞・作曲した鬼龍院に感謝の意を示していた。

ゴールデンボンバーは、2012年の第63回NHK紅白歌合戦から4年連続で出場。4回ともヒット曲「女々しくて」を披露したが、初出場時には、曲中に会場に集まった観客が皆メンバーの樽美酒研二のトレードマークである白塗りメイクのお面をかぶるなど、毎回趣向を凝らしたパフォーマンスで視聴者を楽しませていただけに、Twitterでは「金爆、紅白でないのか残念…。」「いつも家族揃って金爆楽しみにしていたのに」「毎年金爆だけは見てたから残念。」「金爆落ちちゃったか。残念。」と惜しむ声が相次いでいた。

関連画像