吉田凜音、10代ラスト作品「crafty」配信スタート&ミュージックビデオも公開

2020.12.10 16:00

12月11日(金)に20歳を迎える吉田凜音。“10代コラボ3部作”のラスト作品、そして10代最後となる作品「crafty」がリリースとなった。

吉田凜音のバックDJとしても活動する若きトラックメイカーYackleと共作した2019年12月リリースの10代コラボ第1弾作品「I don’t look back」、そして2018年にSKY-HIによるプロデュース楽曲でデビュー、10代からの圧倒的支持を受け、注目を集める18歳のラップアーティストさなりとコラボした2020年3月リリースの10代コラボ第2弾作品「My feelings feat. さなり」に続き、今作では、ミュージックビデオで10代のダンサーとコラボ。そんなミュージックビデオも吉田凜音オフィシャルYouTubeチャンネルにて合わせて公開となった。

今作は、現役大学生ながら数々のハイブランドのコンセプトムービーを手掛け、様々なプロモーションコンテンツの撮影、編集までこなす新世代の監督、Akira Polenghiが、Rin音とコラボした前作「clothing journey feat. Rin音」のMVに引き続き監督を担当。

一般の10代ダンサーとコラボしたキレキレのダンスシーンはもちろんのこと、白のロングドレスをまとった吉田凜音の姿など見どころ満載のMVとなっているので、ぜひチェックしてみてはいかがだろう。

同MVに関して吉田凜音は「今回の歌詞はパーティーというシーンを通じて、女性の様々な葛藤をテーマに歌詞を書きました。ミュージックビデオでは、曲にあわせてクールでハードなダンスを表現したいという事がまずはテーマに合ったのですが、それ以外にも“汚れた白いドレス”をモチーフとして、女性の気持ちの葛藤を表現しました。私の10代も終わり、これから20歳という社会的にも大人になる中で、いろいろなことがあるけれども、それも白ペンキで塗り替えるように強く生きていこう、ということも裏テーマにしています。」とコメントしている。

そんな新曲「crafty」では、吉田凜音が広告モデルを務める“VANS FALKEN”や、2021年3月開催の“Last Kid Tour”のタオルなどが当たる配信キャンペーンが12月10日よりスタート、そして20歳を迎える12月11日(金)は、初の配信ライブ「RINNE YOSHIDA 2020 Birthday Party Livestream」が開催となる。詳細はオフィシャルHPまで。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254