浜辺美波、北川景子の“美貌”に憧れ「そういう技術があるなら、なります」

2020.12.9 10:00
浜辺美波、北川景子の“美貌”に憧れ「そういう技術があるなら、なります」サムネイル画像
(c)Tomomi Matsui

12月8日放送のフジテレビ系『めざましテレビ』に、12月18日公開の映画『約束のネバーランド』に出演する北川景子と浜辺美波がVTR出演。浜辺が、自身の“なりたい顔”について語る場面があった。

【別の記事】浜辺美波、“19年間彼氏なし”を明かし「お酒とか飲むのと同じくらい…」

VTRでは、北川と浜辺が、さまざまな質問に対してマルかバツで答えていくというコーナーが放送された。この中で、2人が先月発表された、女性が選ぶ“なりたい顔”ランキングにおいて、トップ5に入ったことから、“なりたい顔の人がいる?”という質問が出された。

これに対して、浜辺はマルの札をあげたが、北川がバツの札をあげているのを見ると、「かっこいいですよ!」などとコメント。北川は、笑いながら謙遜するように手を横に振りつつ、「でも、若い頃はありました」「鼻がもうちょっと大きくなくて、ちっちゃくて可愛かったらいいな、とか」「『ナタリー・ポートマンみたいになりたい』って本当にずっと言ってましたもん。本気で」と明かした。

その上で、「だんだんこの仕事が長くなってくると、この顔でみなさんに覚えていただいてるっていうこともあるし」「いろいろ個性的な部分も含めて、“自分の顔でいいかな”みたいな境地に30(歳)ぐらいからなってきて。そこからは、人と比べてどうのっていうのがなくなりました」と語った。

一方の浜辺は、自身の“なりたい顔”として、「私、北川さん」と切り出し、「『明日からなっていいですよ』って言われたら、『えっ?いいんですか?』って」とコメント。さらに、「お化粧が似合う顔とか」と話すと、北川は自身の顔について、「どんどん足せる顔かも。便利かも。そういう意味では」と返し、浜辺は、「今すぐにでも、そういう技術があるなら、なります」と話していた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100