【プロが教える】誰でも出来る!ファンデのマスク崩れは塗り方で改善!

2020.12.17 19:20

長いマスク生活で、今までのようにファンデーションを塗らなくなってしまっている方がほとんどですよね。

その理由の多くはやはり、マスクによるファンデーションの崩れやヨレが原因。

肌を綺麗に見せたいけどマスクで大部分が隠れるし、つけたらつけたで崩れるしもう塗らない!って思ってる方は是非今からご紹介する塗り方を実践してみて下さい!
今回はリキッドファンデーションのマスクに付きにくい塗り方を伝授します♪

【別の記事】【プロが教える】あなたのクマは何色?3つのクマの見分け方教えます!

使用量はいつもの6割に

まず大事なのが使用量。
リキッドファンデーションはどのブランドも基本的には1プッシュが全顔使用目安量ですが、マスクメイクの時も、いつもと同じ量を使ってしまうとマスクでムレて崩れてしまいます。
6割に減らし、だいたい半プッシュくらいで伸ばします。

ファンデはいつもより少なめに
ファンデはいつもより少なめに

普段から2〜3プッシュしてる方は、そもそもつける量が多すぎてリキッドの油分量が崩れを引き起こしてる可能性が!
ぜひ量を変えてみて下さい。

本当にカバーしたい部分だけFDを

ファンデーションはお顔全体に必ずつける必要はなく、マスクメイクの時は最低限カバーしたい肌トラブルのある部分(ニキビ、クマなど)や目の下の三角ゾーン〜頬をメインでカバーすることにより、肌全体を綺麗に見せられます。

隠したいポイントだけにファンデを
隠したいポイントだけにファンデを

必要な部分に必要最低限の量でカバーするのがマスクでも崩れにくくする大事なコツ!

6割でつける時は手でOK

スポンジやブラシを使わなくても手で簡単に伸ばせます!

手の甲にリキッドファンデーションを半プッシュちょっと出したら指のはらで目の下の三角ゾーン〜頬に伸ばします。
肌の上を優しくなでる感じで伸ばすと筋ムラになりにくいですよ。
両頬伸ばせたら指の腹についた余ったリキッドをおでこやまぶたに伸ばします。
皮脂が出やすいTゾーンや皮膚の薄いまぶたはこの余ったリキッドで十分です。

最後にコンシーラーを
最後にコンシーラーを

最後にフェイスパウダーを全体につけたら完成♪

パウダーのせて完成
パウダーのせて完成

いつもと同じファンデーションでも量とカバーする場所のポイントを抑えればテクニックいらずでマスクでも崩れにくく出来るので試してみて下さいね♪

Text & Photo by JUN

JUN Instagram アカウント

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254