香取慎吾『スマスマ』歌本番中に起こった“あること”に「奇跡が起きた、みたいな」

2020.12.8 6:00
香取慎吾『スマスマ』歌本番中に起こった“あること”に「奇跡が起きた、みたいな」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

12月6日放送のABEMA『7.2 新しい別の窓』にて、香取慎吾が『SMAP×SMAP』のエピソードを語る場面があった。

【別の記事】草なぎ剛、稲垣吾郎&香取慎吾からの“賛辞”に喜び「芸能活動して1番褒められた」

今回番組には、中島美嘉と藤巻亮太がゲスト出演し、香取・草なぎ剛・稲垣吾郎らとトークを展開。この中で、藤巻は、過去に『SMAP×SMAP』で「粉雪」を披露した際、歌本番中に不思議に思っていたことがあるとして、“サビをみんなで歌うはずが自分しか歌っていなかった”と明かした。

これを受け、草なぎは、「“邪魔しちゃいけない”と思ったんじゃない?」とコメント。稲垣も、「キー高いでしょ?」「ゲストの方のキーで聞きたいし、見てる方も」と語った。

また、香取は、「(歌うのをやめようと)口裏合わせてとか、そういうのはしないんで、ホント偶然の…」「奇跡が起きた、みたいな」「1人ずつが“ここ任せよう”と思ったら、もう本人だけになっちゃった」とコメントして、笑いを誘った。さらに、メンバーに“藤巻の歌声を聴きたい”という気持ちがあったことも理由だと話していた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254