和牛・水田、今年のM-1に関する“ある発言”に川西「全然卒業できてないやん」

2020.12.7 17:50
和牛・水田、今年のM-1に関する“ある発言”に川西「全然卒業できてないやん」サムネイル画像
和牛/(c)E-TALENTBANK

12月4日深夜放送の文化放送『和牛のモーモーラジオ』に、和牛(水田信二・川西賢志郎)が出演。12月2日、『M-1グランプリ2020』の準決勝が開催されたことを受けて、さまざまなトークを展開した。

【別の記事】和牛・水田『M-1』不出場の今年は「文句を言う奴がおったら僕が取り締まろうかと」

今年は『M-1グランプリ』にエントリーしていない和牛。トークの流れで、水田が今年の準決勝開催日がいつなのか知らなかったことが判明すると、川西は、「きれいに(『M-1グランプリ』を)卒業したなあ」とコメントし、水田は笑い声をあげた。

また、和牛は2015年から2019年まで5年連続で『M-1グランプリ』決勝に進出してきたことから、準決勝後の審査中の過ごし方や、ファイナリストに選ばれた際の写真撮影・取材などの流れを振り返り、懐かしんだ。

さらに川西は、『M-1グランプリ』が復活した2015年、初めて和牛が決勝に進出できたとして、「『M-1』っていうものに恋焦がれてたやん。俺たちの世代っていうのはな。漫才師は」「嬉しかった」と、当時の興奮を語った。

この流れで、水田は、「どこで見ようかなあ、ホント」と話しながらも、「1人では、でも俺見れない」「1人で見てたらさ、しんみりしてまいそうやん」と、複雑な心境を明かした。

これに川西は、「全然卒業できてないやん」「なんやこいつ」とツッコミ。水田は笑いつつ、「あと、初めての『M-1』を外から見るから、“人がこんなふうに見てたんや”っていうのも見たいと思う」とも語っていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254