17歳アーティストDoul、新曲&MVは80sサウンド+20sラップ+10s洋館でタイムスリップ

2020.12.4 22:30

歌唱・作詞・作曲はもちろん、アレンジ・演奏、ヘアメイク・スタイリング、映像・ヴィジュアルなど、すべての表現を自己プロデュースする福岡在住・17歳のアーティスト“Doul(ダウル)”。

9月16日にシングル「16yrs」から3週連続配信デビュー直後から、南米とロシアの18歳~24歳の女性のInstagramやSpotifyフォロワー数が激増。 Instagramのフォロワーに至っては日本よりもブラジルの方が多いという異様な状況。世界的プロデューサー“Diplo”もデビュー日に彼女のInstaをフォローした。

そんな中、世界中で5,700万以上のダウンロードを誇る大人気スマートフォン向けRPG「Fate/Grand Order」第2部 第5.5章「地獄界曼荼羅 平安京 轟雷一閃」TVCM楽曲「The Golden Path」(12月3日よりダウンロード配信開始)のシンガーとして起用され、 歌唱とラップ部分の作詞を担当。その声に惹きつけられたFGOファンたちの間で話題となっている。

新人では異例の状況の中、間髪置かずに自身の新曲「Howl」も配信を開始した。この曲は2020年版にアップデートされた80s風ディスコサウンドに、17歳Doulならではの新感覚ラップフロウを乗せ、まったく新しい耳ざわりのダンスミュージックになっている。

「自分を愛してあげようよ」というメッセージと共に、世界中が更にDoulに夢中になるはずだ。作詞・作曲はもちろん、トラックメイキングも自身によるもの。今作もプライベートレーベル“Doo”よりリリースとなる。

同タイミングから公開されているミュージックビデオは1910年に開館された洋館、Doul地元・福岡にある国の重要文化財である“旧福岡県公会堂貴賓館”で撮影。

1910年洋館+1980年代サウンド+2020年ラップフロウ、そして1960年代~現代をミックスしたスタイリングで見聞きしたことない世界へタイムスリップ出来る「Howl」を目と耳でお楽しみ頂きたい。

そして12月13日(日)に2回目となる無料オンラインワンマンライブ『Doul ONLINE SHOW [Howl For The End Of The Year.]』の開催が決定。第一回は世界中のファンでにぎわったこのライブで彼女の真骨頂であるパフォーマンス力を体験してみてはいかがだろう。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100