山之内すず、上京当時の“ある行動”振り返り「それだけ聞いたらほんまにヤバいやつ」

2020.12.4 17:40
山之内すず、上京当時の“ある行動”振り返り「それだけ聞いたらほんまにヤバいやつ」サムネイル画像
山之内すず/(c)E-TALENTBANK

12月3日放送のフジテレビ系『千鳥のクセがスゴいネタGP』に、山之内すずが出演。上京時の驚きのエピソードが明かされた。

【別の記事】山之内すず、久しぶりに会った人に言われて引っかかった一言とは「目頭やった?って」

番組では、山之内と仲が良いという女優の木内舞留からの“クセスゴリーク”として、“上京したての頃、家事の仕方が全くわからなかった山之内は、皿を洗うのが面倒で、使ったフライパンや皿をその都度捨てていたらしい”というエピソードが明かされた。

これに山之内は苦笑しつつ、「それだけ聞いたらほんまにヤバいやつと思うんですけど、1回しか捨ててない。でも」と弁解した上で、「マックスで溜めて…」と説明。

出演者の千鳥・大悟が、「でも1回は捨てたんやろ?」と尋ねると、山之内は、「1回は捨てました」と答え、大悟は、「逮捕です」と冗談まじりにコメントして、スタジオは笑いに包まれた。そして、山之内は、「ちゃんとそこで学びました」「今はできるようになりました」と補足していた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100