4ピースバンド・マルシィの新曲が1位に!今注目の歌詞ランキングにはNon Stop Rabbitが3曲ランクイン

2020.12.6 11:30

歌詞検索サービス「歌ネット」が、12月3日付けの「歌ネット注目度ランキング」を発表した。

注目度ランキングは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定する。通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」のランキングだ。

今回のランキングでは、1位にマルシィの「白雪」が初登場。2020年12月7日にリリースされる新曲だ。歌詞には、冬の恋の思い出が綴られているミディアムバラード。暖かい音色、切ない情景が浮かぶ詩世界、雪夜に募る想いを描いたファンタジックな冬恋ソングとなっている。作詞作曲はVo.うきょう、プロデュース・編曲をSHE’S、Aimer、フジファブリック等を手掛けてきた百田留衣(agehasprings)が担当している。

2位には、Little Glee Monsterの「Dear My Friend feat. Pentatonix」がランクイン。2020年12月16日にリリースされるニューシングルのタイトル曲であり、全米1位獲得の世界的アカペラグループ「ペンタトニックス」とのコラボ曲。作詞作曲を亀田誠治、トラックのアレンジをペンタトニックスが手がけた。MVは、国立競技場を臨む東京の風景やアメリカ・ロサンゼルスの街並み、リトグリとペンタトニックスがあたかも一緒に歌っているかのようなシーンなどで構成されている。

3位には、Non Stop Rabbitの「偏見じゃん」が初登場。また、5位には「ALSO」、7位には「BIRD WITHOUT」がランクインしている。いずれも2020年12月9日にリリースされるメジャー1stアルバム『爆誕 -BAKUTAN-』収録曲である。YouTuberとロックバンドという二つの側面を持つノンラビ。MVでは、楽曲の歌詞に書かれている“偏見あるある”が映像で再現されており、大勢のエキストラの中にはメンバーと交友のある田中聖が友情出演している。

6位には、黒木渚の「ダ・カーポ」が初登場。2020年12月9日にリリースされる新曲だ。歌は<五線譜は鉄格子 閉じ込められた 音 音 小節の中を行ったり来たり まるで私みたいだ>と幕を開ける。自分の嫌な部分から抜け出せず、同じところをぐるぐると回っている人に、綺麗事ではないけれど、前を向いて進もうと思ってもらえるようなメッセージを伝えられたら、という想いが込められた1曲だ。

8位には、羊文学の「あいまいでいいよ」が初登場。2020年12月9日にリリースされるメジャーデビューアルバム『POWERS』のリード曲である。吹き抜ける風、掴めぬ香り、白いシャツはたくこだま、微温いコーヒーなど、五感が刺激されるような歌詞が描かれている。サビには<あいまいでいいよ 本当のことは後回しで 忘れちゃおうよ>といったフレーズが綴られており、肩の力が抜ける1曲となっている。

【2020年12月3日付、歌ネット注目度ランキング】

1位 白雪/マルシィ
2位 Dear My Friend feat. Pentatonix/Little Glee Monster
3位 偏見じゃん/Non Stop Rabbit
4位 RED PHOENIX/EXILE
5位 ALSO/Non Stop Rabbit
6位 ダ・カーポ/黒木渚
7位 BIRD WITHOUT/Non Stop Rabbit
8位 あいまいでいいよ/羊文学
9位 SUNSHINE/EXILE
10位 Mind game/Maica_n

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254