半崎美子、初のカバーアルバムから「ホームにて」「大空と大地の中で」MV公開

2020.12.3 22:30

シンガーソングライター半崎美子が、上京20年を記念してリリースする、初のカバーアルバム「うた弁 COVER」(12月9日発売)から収録曲「ホームにて」「大空と大地の中で」MUSIC VIDEOが公開された。

「うた弁 COVER」は、北海道から上京して今年で20年を迎えた半崎美子が「故郷」、「青春」をテーマに、 自身の糧となってきた楽曲を中心にセレクトした初のカバーアルバム。今作品は日本を代表する音楽家、武部聡志氏がプロデュースを担当している。

今作のプロデュースを担当した武部聡志氏は、「彼女の特別な声の波動、バイブレーションは心に刺さる。そして彼女が長年、見聞きしてきたリアリティはまるで語り部のような説得力をもって響いてくる。そんな歌声と故郷、青春をテーマにした選曲は、より深い味わいをもたらしてくれました。このアルバムにはあえて“隙”を作っています。聴いてくれた方の思いが重なって完成するような作品に仕上げました。聴く人それぞれの心と対話し、一人でも多くの方とこの作品を完成させたいです。」と、コメント。

初のカバーアルバムについて半崎美子は、「私が音楽に目覚め大学を中退して北海道から上京してちょうど20年。故郷を離れる前と、故郷を離れた後、両方の日々の中にまるで歌碑のように心に刻まれている歌があります。帰りたくても帰れないそんな時、心の故郷に帰ることができたのは、歌が傍らにいてくれたからです。今年の年末は、多くの方達が帰省できずに故郷へ思いを馳せる日々を過ごすかもしれません。そんな時に心に寄り添えるような、そっと傍らにいてれくるような作品でありたいと思っています。プロデューサーの武部聡志さんの郷愁を呼ぶアレンジが、今作品には欠かせない景色を彩ってくれました。初めてのカバー作品、敬愛する歌たちに感謝を込めて。」とコメントを寄せた。

また、半崎美子の誕生日となる 12月13日には、武部聡志氏と共にザ・プリンスパークタワー東京 コンベンションホールにて「Songs for Tomorrow 〜半﨑美子 Birthday Premium Concert〜」の開催が決定している。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254