ドラマ「砂の塔」“お兄ちゃん”こと佐野勇斗が憧れの人告白で、“お母さん”菅野美穂が「近すぎる!」

2016.11.14 19:16

ドラマ「砂の塔」“お兄ちゃん”こと佐野勇斗が憧れの人告白で、“お母さん”菅野美穂が「近すぎる!」サムネイル画像

11月12日に放送されたTBS系「王様のブランチ」で、ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」に出演中の菅野美穂、岩田剛典、佐野勇斗、稲垣来泉がVTRで出演。チームワークの良さを見せた。

コーナー冒頭では、このドラマがきっかけで“ネクストブレイク俳優”として話題になり、5人組ボーカルダンスユニット『M!LK』のメンバーとしても活躍中の佐野勇斗と、今最も注目を集める子役として稲垣来泉を紹介。この二人は菅野美穂演じる高野亜紀の息子と娘役で同ドラマに出演中だ。

そして、この日は、ドラマ内で高野そらを演じる稲垣来泉に関するクイズを菅野美穂、岩田剛典、佐野勇斗が答えていくことに。

その中で、以前憧れていた芸能人は?と聞かれた佐野は「事務所の先輩の山崎賢人くんが今も大好きなんですけど」と告白すると、菅野美穂からすかさず「近すぎる!」と“憧れる”対象としては距離が近すぎるとツッコミを入れられ、周囲が笑いに包まれるなど、息の合ったところを見せていた。

同ドラマは菅野美穂演じる亜紀ら一家が、タワーマンションに引っ越したことにより、ご近所付き合いを始めとした様々なトラブルに巻き込まれて行く様子を描いており、毎回深まる謎とそのリアルな「怖さ」に釘付けになる視聴者が続出している。

そして、内容のドロドロさからは一転、ドラマのオフィシャルSNSや出演者のSNSを通じて、和気あいあいとした現場の様子が伝えられており、その様子も度々話題となっている。

※山崎賢人の「崎」は「たつざき」

関連画像