「怒涛の展開」菅野美穂主演ドラマ「砂の塔」“お兄ちゃん”の変貌ぶりに「びっくり」「闇が辛すぎて」松嶋菜々子の素顔には「怖すぎだって」

2016.11.12 17:54

「怒涛の展開」菅野美穂主演ドラマ「砂の塔」“お兄ちゃん”の変貌ぶりに「びっくり」「闇が辛すぎて」松嶋菜々子の素顔には「怖すぎだって」サムネイル画像

11日、第5話が放送された菅野美穂主演TBS系ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」。

第5話では、亜紀(菅野美穂)の長男・和樹(佐野勇斗)が、実は“ダメな母親たち”を大量に盗撮していたことが分かり、タワーマンションの中でもその事実が暴露されてしまう。そして、タワマンの住人たちは、和樹こそがダメな母親に罰を与える連続誘拐=ハーメルン事件の犯人ではないかと騒ぎ始める。ついには警察も動き出してしまうが、和樹は生方(岩田剛典)と亜紀の不倫を疑い、心を閉ざすばかりで…という展開を見せた。

この日、一番視聴者の注目を集めたのは、ドラマの序盤では妹のそら(稲垣来泉)の面倒をよく見たり、亜紀にサプライズでプレゼントを用意したりいいお兄ちゃんぶりを見せていた和樹の変貌だ。無断欠席に盗撮、派手な仲間との交流など、これまで小出しにされてきた和樹の“闇”が暴かれ、和樹の家での態度も一変した。

このあまりの変わりぶりに、視聴者からはTwitterでは「お兄ちゃん最初とのギャップすごすぎて」「砂の塔辛すぎて大泣きした。お兄ちゃんの闇が辛すぎて。」「お兄ちゃんの闇深すぎ。何があったの???」「お兄ちゃんの変わりようがびっくり」「お兄ちゃんこわすぎるって。」と驚く声が多数上がっていた。

また、松嶋菜々子演じる“隣人”弓子の素顔も少しずつ明らかになっており、この日は刑事の口から、弓子が以前殺人の容疑をかけられていたことが発覚。このことに関しては「松嶋菜々子ほんとなに?きれいだけどなに??だれ??なに??」「殺人の前科持ちって弓子さん何したの」「弓子さんあんな綺麗な顔で殺人とか怖すぎだって」「弓子が殺人犯?」などと驚きのコメントが寄せられていた。

そして、ドラマの最後では、弓子が亜紀の夫・健一(田中直樹)に近づくシーンが見られ、しかも健一とは昔の知り合いの様子。いろいろな人間模様と策略が絡まりあった展開には「怒涛の展開だな」「砂の塔やばい…おもしろい展開だ…」「展開が面白過ぎるなぁ」と感想が聞こえた。来週の放送では、そら、和樹に続いて健一にも弓子が接近する様子が描かれているようで、動向がますます見逃せなくなりそうだ。

写真:(c)TBS

関連画像