北欧の名制作陣が認めた新人・Suzu(すず)が、メジャーデビューを発表

2013.12.3 16:17

北欧の名制作陣が認めた新人・Suzu(すず)が、メジャーデビューを発表サムネイル画像

シンガーソングライター・Suzu(すず)が、12月2日(月)初の東京ワンマンライブ「Suzu‘step by step’The 1st step in Tokyo」を、東京・渋谷eggmanにて開催。その中で、来年2月のメジャーデビューを発表した。

Suzuは、沖縄出身の19歳。2012年11月、インディーズ1st Single『うそつき』をリリースすると、FM沖縄の12月度パワープッシュ楽曲に選ばれ、ローカルチャート1位を獲得するなど、大きな反響を呼んだ。2013年春には、日本で最も大きな成功を収めた外国人作曲家の一人と言われ、過去5年間に関わった楽曲はトータル2,000万枚のセールスを誇る北欧・スウェーデンのヒットメーカーErik Lidbom(エリック・リボム)をプロデューサーに迎え、2013年春より共同での楽曲制作をスタート。Suzuの特異なメロディセンスとErik Lidbomのカッティングエッジなサウンドが見事に融合。10代にして類まれなる才能をもつシンガーソングライターとして今、各所から注目を集めている。

ステージに登場したSuzuは「今日はSuzuのライブに来てくれてありがとうございます!」と挨拶。この日は「うそつき」や「別れみち」の代表曲や、未発表曲を含む計11曲を披露。力強くて伸びやかな、そして無限の宇宙の広がりを感じる声の表情と存在感、不思議でいて独特の感性を持ったSuzuのステージに集まった観客達は一様に魅了されていた。

そして、この日のライブでは、Suzuから重大発表も行われた。それは、来年2月12日にミニアルバム『step by step』をリリースし、メジャーデビューを果たすというもの。メジャーデビューを迎えるに当たってSuzuは「これからも全力で頑張って行くので、Suzuをよろしくお願いします!」と意気込みを語り、このミニアルバムに収録されている新曲で、既に10月からのテレビ東京系アニメ「マイリトルポニー~トモダチは魔法~」エンディングテーマとして絶賛放送中の「step by step」を披露した。

メジャーデビューに先駆けて、現在、2/12発売の「step by step」より楽曲「Open that door」の英詩曲である「WE GOT THAT SOMETHING」が、アイスランド・スウェーデン・デンマーク・ノルウェー・フィンランドの北欧5か国のiTunesにて配信されている。この楽曲は、Suzuのメロディーに、バックストリート・ボーイズ、インシンク、ブリトニー・スピアーズ、ボン・ジョヴィ、セリーヌ・ディオン、ケイティー・ペリーなどに提供した楽曲のトータル・セールスが1億5000万枚を超える、スウェーデン生まれのコンテンポラリー・ソングライター、アンドレアス・カールソンが英語詞をつけたもので、こちらも北欧で大きな注目を集めている。

また、2014年1月からは、FM横浜でレギュラー番組を持つことも決定している彼女。そして、このデビューMini Albumには収録されていない新曲「you can do it!」もテレビ東京系「探検ドリランド-1000年の真宝-」のエンディングテーマ曲になることが既に決定しているなど、その勢いは止まらない。

「夢は、世界中の人にSuzuの歌を聴いてもらうこと」と語るSuzu。「そのために日本語でも英語でも歌詞を書いて歌うシンガーソングライターになりたいんです。世界中に歌いに行きたいなって思ってる」と意気込みを語った通り、「不思議でいて独特の感性を持った、居そうで居ない未完成女子シンガーソングライター」と評される彼女の今後から目が離せなくなりそうだ。

 

【LINK】
UNIVERSAL MUSIC WEB SITE
http://www.universal-music.co.jp/suzu

関連画像